ATV LIVE CAM /生テレビ チャンネルガイド
1995- ATV Asahi Television
i ENG sys
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
TV1 asahitelevision.com TV2 asahi-tv.ddo.jp
 ATV WEB TOP >>生テレビ関連ヘルプ >>ねこカメラガイド >>ガイド ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
■ 新規公開・アップデート履歴一覧
ねこカメラ・U (ATV LIVE CAM いきもの24時間生中継)


 ATV生テレビ「いきもの24時間生中継・ねこカメラ」の2号カメラ。
概略
1995年、ATVはインターネットを使ったテレビ配信システム「ユニバーサル・メディア構想」を実現するため、各種研究と実験を開始。
(どのようなことに利用するかの代表例はこちら >>リアルタイム技術の応用

「お天気」→「おさかな」→「小動物」など各種実験を経て、2003年「ねこカメラ」スタート。
社会実験と機能検証でスタートした「ねこカメラ」、視聴者のみなさんの好評と当初予想もしていなかった反応に急遽レギュラー化を決定。
メインカメラだけでは一方向のみの映像しか撮れず、また行動制限をしていないため活動エリアの一部しか中継できない。
このため支障のない範囲で中継ポイントを増やすべくカメラを増設を行っている。


チャンネルタイトル名の由来
当初の実験枠略称は「ねこカメラ」。
正式名称は「ATV LIVE映像基幹中継システム第五次実証サイト用カメラ/ねこ」 。長いのでねこカメラに省略したのが始まり。


サブネーム
ねこカメラ2番目の運用に入ったカメラなので「ねこカメラ・U」。

「2」ではなくなぜ「U」なのか。それは運用上、他のカメラと混同、間違いを防止するため。
通常制作・運用サイドはカメラ番号で呼んでいるが、「にカメ」(2カメ)は他のカメラが先行使用している。(先発のテレビが「にカメ」を標準としているため)
ねこカメラは後発なので勘違いは中継コントロールで混乱を生じかねない。
そこで「ねこカメラ」だけはあえて言いにくい「つーカメ」(Uカメ)と呼び間違いの起きないように区分している。
この関係でサブネーム表記も「U」ということになった。


配信日時
24時間年中無休で生放送。(保守時を除く)


場所
ねこカメラ・メインを参照

「U」は半固定の定点カメラ。
半固定とは、ねこちゃんたちの好みの場所(滞在時間が長い場所)をカバーするために通年設置ではないということ。
ねこちゃんたちは季節によって好みの場所が変わります。しかし基本はセット部です。そのため「メイン」は原則固定。だから移動先をカバーすることができない。
そこで「U」が「メイン」の補間をする役割を担っている。

【左4・5番目の画像が夏期の移動先画像】


セット
ねこカメラ・メインを参照


カメラアングル
ねこカメラ・メインとは別角度で、あおり、寄り的な絵を作るためのアングルに固定している。
セット床面に近い高さで左側にローアングル架台を製作。ねこちゃんたちの表情をより大きくとらえることができる。
「メイン」は全体をやや上から押さえるのに対し、「U」は下から至近距離でとらえる。
窓を背にすることで外光直視を防ぐこともできるが、純白部の多いねこちゃんたちが「Uカメ」に近いと日射の条件ではハレーションを生じることもある。
高感度カメラため仕方ないことですが、ねこ優先なのでご勘弁を。


Uで使用しているカメラ
誰でもいつでも楽しめるよう昼夜を問わず24時間生中継すること。しかもねこちゃんたちの生活スタイルや行動を変えずにストレスも与えない。
この相反する条件を両立させ、ねこちゃんたちをいつでも見られるよう高感度暗視カメラ方式を採用。
使用カメラは赤外線暗視機能付き高感度カメラで常時連続稼働。
日中の明るいときや室内照明点灯時は、照度に比例したカラー映像。夜間消灯時は赤外線暗視モード(パッシブ)によるモノクロ映像。
暗視モード時、一般的には赤外線照射装置を使用した「アクティブ方式」をとるが、ねこちゃんたちの健康を重視しているので赤外線照射は一切使用していない。
そのかわり市販の「常夜灯」(5W)を点灯させ、その電球から発せられる赤外線を間接利用して撮像する「パッシブ方式」としている。

【左最上画像/夜間照明点灯】 【2番目画像/夜間消灯(暗視モード)】 【3番目画像/自然光のみ】


照明
撮影専用照明装置は一切使用していない。
明るくしてカメラ絞る方が高画質化できるが、健康優先のため適度な照度に抑えている。
10W蛍光灯相当の光源に積層したフィルター(拡散・調光・色温度)をつけて調整。目に入る直射光も制限している。
照明点灯時、ぼけるように見えたり残像が残るのは、セット部が明るくなくシャッタースピードが低速の証。


イベント
ねこちゃんたちを所謂「商売」に使っているわけではないので、中継にイベントを織り込むことはありません。
ありのまま、そのまんまの自然体中継です。
興行ではないのですから定時・定期のイベント作ってねこちゃんたちに強制することもなく、また視聴者ウケを狙う演出もありません。
生が一番ですから。命の輝きに演出は不要です。遭遇できたその瞬間が素晴らしいのです。
演出や興行的放映を期待される方は検索で他所を捜してみてください。

あえて言うとすれば飼い主とのコミュニケーションや遊び、不定期にある猫缶ごはん公開、おやつ、外ねこさん、鳥さんたちとのふれあい、地震、嵐位でしょうか。


静止画像でも見られます
生中継映像をjpg画像で表示する静止画モニター「ねこカメラ・デスクトップパネル」。
リアルタイムに静止画像化し5秒ごとに自動更新します。


携帯電話でもねこカメラが見られます
ねこカメラ・メインを参照


画像掲示板で視聴者同士の交流
ねこカメラ・メインを参照


配信方式
配信は「MMS/TCP・asfフルストリーミング方式」(ブロードキャスト ストリーミング)。
一般的なライブカメラの「画像の動画化」と異なり、テレビと同じスムーズな動きで見られる。
これはシステムが根本的に異なるため。
一般方式は画像ベースなので設備は簡易・低コスト。視聴者サイドにプログラム分担させる。
ATV方式は設備と技術の難易度が高くコストもかかるが、視聴者サイドの負担はなく、完全動画で柔軟性があり、いろいろなことに応用が可能。
基本部分は大変だができてしまえば全て自己保有なので、他者に影響されずチャンネル新設や一般発中継とのネットワーク化などやりたい放題となる。


ユニット式システム
カメラ+送出機、受信サーバ(基幹)と配信サーバ(基幹+クローン)のセットで構成されるシステム。必要があれば簡単に増設できる。
信号は「カメラ→送出機→受信サーバ→配信サーバ→視聴者」となる。
受信サーバに全てのエンコーダ信号(カメラ・マイク・動画・音声・静止画像)が集められる。
ATV以外の外部エンコーダー信号(一般発の生中継カメラなど)もここに接続しチャンネル割当切替をおこなう。
チャンネル割当やIP切替、保安など各種設定制御は中央制御部(マスターコントロール)でおこない全体を統括制御する。
制御動作は「自動」「半自動」「手動」があり、監視や操作は有資格管理担当者のみが行う。
管理者以外の者が操作することはできず、入場入室も許可されない。設計製造管理運用全てATVでまかなう。安全上外部依託や派遣はなし。
基幹システムの所在地等は保安上の理由により非公開。


送出
カメラと1対1接続の送出機でリアルタイム・エンコーディングをおこない、ATVにある基幹システム「生中継受信サーバ」に信号を送る。
送出機はカメラ接続の他、音声MIX(マイク・各種デッキ・音声データ・電話)、ビデオスルー(ビデオデッキからの送出)、HDDにあるビデオデータのソース化、画像取扱などができ、キャブションコントロールも可能。また放送波(テレビ・ラジオ)をリアルタイムにエンコードすることもできる。
送出動作は「自動」「半自動」「手動」があり、操作は有資格制作管理担当者のみが行う。


ビットレート
ねこカメラ・メインを参照


DRM(デジタル著作権管理)
システムにDRM機能もあるがATVの方針として使用はしていない。


予想外のねこカメラ反応
設備機能の実証と生中継の社会実験のつもりでスタートした「ねこカメラ」。
同じ実験するなら予測不能な行動と静、小動物より大きく、難易度の高いものにチャレンジしよう、ということで我が家で保護し家族の一員となったねこちゃんたちに登板を依頼した。

同じやるなら視聴者も楽しめる映像で、という当初の気持ちに変わりはないですが、視聴者の利用の仕方が予想外でした。
ねこカメラ見て「楽しい」「和んだ」「癒された」は一応予想していた範囲でしたが、人間関係や教育、福祉にまで応用されるとは思ってもいませんでした。
これまでいただいたお便りや聞いた話では、「ねこ大好きなのにアレルギーでねこ飼えない」とか「住宅事情でねこと暮らすのあきらめていた」、「家族間で会話が増えた」、「子どもと共通の話題ができ話すきっかけがもてた」、「こどもができない寂しさの解消」、「友だちとのコミュニケーションのきっかけ」、「話の接ぎ穂」、「ネット理解の授業活用など」、「学習本題の導入に」、「こどもの注意を他にそらす」、「認知症患者のぼーっとしている時間の解消」、「イライラ防止に会社で流す」、「院内や施設内BGV」、「病気のこどものはげまし」などなど。
予想以上の使われかた、ありがたく励みになるとともに身の引き締まる思いです。
国内だけでなく海外でも視聴され、僅かでもいろいろな方々の役に立っていると思うと苦労が報われます。
「たかがねこ中継」とおっしゃる方も一部においでですが、ねこカメラに力を入れ改善を続けているのはこうした声があるからです。


段階を経ての2F移動
ねこカメラ・メインを参照


ATV LIVE CAM / Live cats program
いきもの24時間生中継 ねこカメラ・U
24時間生中継「ATV LIVE CAM」






■ 24時間生中継・生テレビ 「ATV LIVE CAM」 ■ ATV NEWS ■ ATVあさひテレビジョン インフォメーション ■ ガイド&ヘルプ
リアルタイム伝送(テレビ・動画・ラジオ・静止画・データ)
・ATV LIVE CAM画像掲示板(インタラクティブ)
・ATV LIVE CAM 生中継管制センター
・防災チャンネル
・情報検索アンテナ
・ARSC 調査取材支援センター
■ にゃんだーランド子猫3姉弟
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.