Office Takahashi (ATV Network Systems ATV Asahi Television) 横浜高橋事務所

 
製品関連情報
サービス関連情報
特殊品・特定品情報
特殊・特定サービス情報
その他の情報
試験運用・社会実験
体験会情報
現在地通報救援
 (いまここ・ここだよ)
安心おでかけ
じゅうみんのわ
地域連携・広域連携
共有ネット
知見ネットワーク
  知恵のシェア
メディアセンター 
Archive Center 
にゃんだーランド
ライブカメラ・ストリーミング
翠恵書道教室
 
U C 計 画
Dome Structure NEO 災害に備える
Dome Structure NEO  -災害に備える構造-
 
私どもは健康と時間を大事に考えております。

お客様の発展と向上に取り組み、リスク回避や予防にも役立つよう研究開発に努めています。

また暮らしや生活、福祉などの各種活動を通じて、社会貢献となるよう日々研鑽に励んでおります。






■ おしらせ・ご案内
清掃消毒作業によるWEBサービス停止のお知らせ

平素よりご愛顧いただきましてありがとうございます。
建物内の消毒を定期的に行っております。
機械室及びセンター内の清掃消毒作業を実施するため、システムや電源機器を一時停止させる必要があります。
作業中はWEBサービスの閲覧及びストリーム視聴、ネットワークアクセス等がご利用いただけなくなります。
ご不便をおかけし誠に申し訳ございません。
作業終了し再開するまでの間、しばらくお待ちくださりますよう、宜しくお願い致します。
お時間については、準備が整い次第、順次システムを切り離し、安全に停止が確認できましたら作業開始と致します。
前準備に2時間程度、本工程は4時間程度、後処理に2時間程度をみております。

以上定期消毒についてのお知らせをさせていただきました。
ご不便をおかけし申し訳ございません。宜しくお願い申し上げます。



ワイパースタンド(ゴム製)
 
ワイパーブレードを浮かせてゴムへのダメージを軽減します。
ゴムのクセや張り付きを防ぎ、ゴムの寿命を伸ばすことに寄与します。
 
ワイパースタンド・オフィスたかはし豊浜
 
BB2000・BB4000について 
 
高品質フィルムやすりです。
自動車の下地処理や研磨、塗装面の仕上げなどにお使いいただけます。産業や建造物、ホビーなど様々な用途に適しています。
2000番と4000番の2種類があります。

 
BB2000 BB4000・オフィスたかはし豊浜
BB2000・オフィスたかはし豊浜
BB4000・オフィスたかはし豊浜
アーカイブ構築の完了と移行について 
 
2016年より進めておりました新アーカイブ構造への移行についてお知らせいたします。
移行への環境が整いましたので、2018年初めに移行作業を実施いたします。
新アーカイブ体制は、これまで蓄積した膨大な資料や情報の有益な利用に供するため、時の経過や社会状況にあった構造となるよう設計開発したものです。
アーカイブへのアクセスは所定の手順で行います。
ご不便をおかけ致しますことお詫び申し上げます。 


カーケア用品「青ブロック」について 
 
時間短借、ちからは不要、楽にきれいにする、カーケア製品です。
ムラ無く仕上Aげたい、光沢や輝きを大事にしたいなど、違いのわかる方にもお勧めです。

テクニックは不要です。どなたでも手軽に愛車のきれいを保つことができます。
使い方は簡単です。洗浄した車体に付いた水の層の上を滑らせるように撫でるだけの使い方です。
力は必要ありませんので、洗車傷が気になる方や、濃い色のお車にお乗りの方にも喜ばれます。
適度な弾力を有する青ブロックの形状は長方形で、使い捨てシートを巻いて使用します。
シートの汚れ付かないうちにシート面を変えることで車体の塗装に磨き傷ができないようにすることも可能です。
使用限度がきた専用シートは、新しいシートに取り替えていただくことで塗装の傷みとなるほこりや砂などの異物巻き込みを最小限におさえることができます。
きれいな仕上がりには下地が大変重要です。
青ブロックは下地作りにもお役立ていただけます。


青ブロック・オフィスたかはし豊浜
 
カーケア用品「らくらくタオル」について
 
楽にコーティングやワックスの仕上げに用いるタオルです。

力の要らない拭きごこちなので安心して愛車を磨いていただけます。
営業で使われる車両や、きれいを維持する必要のある車両の労力軽減にも役立つことと思います。
らくらくタオル・オフィスたかはし豊浜
びびり音やあたりの静音や改善
 
走行中のカタカタ音など、びびり音やあたり音を改善するためにお使いいただけます。
 
   記憶の見える化
 
 
   見えない照明
 
     
定点観測システムについて
 
状況を記録し、その後の分析や対応に役立てるための仕組みづくりに取り組んでいます。
固定型だけでなく機動的な運用が可能な記録装置や、全体システム、最適な運用方法の選択など、様々な場面でご活用いただけるものです。
オペレーションに詳しい担当者が行うことや、ネットワークで運用することも可能です。


野生生物の生態観測等について
 
人の暮らし与える影響や安全、経済的な被害損失等についての問題にあたり、野生生物の生態を知ることも必要な対処をする上で大事なことと考えております。
野生生物の生命や生き方を尊重しながら、リスクや被害の軽減や予防、問題解決に向けて取り組んでおります。


記録装置について
 
漁船など海上で襲撃を受けた際、その様子を記録する装置の実用化に取り組んでいます。
万一襲われて沈没となった場合、記録装置は船体から分離し海面上で回収される時を待ちます。
捜索救助にあたる巡視船や護衛艦、他の船舶により回収された装置から記録データを再生、何が起きたかという事実を伝えることができます。
状況により乗組員の手により海上に放出することもできるよう、装置の構造や仕組みについても複数のタイプがあります。


地方裁判所 ・ 時間外の書類提出にいて
 
民事訴訟中に地裁担当部へ必要書類を送る際、本人が持参して直接担当書記官渡すことができます。

もしも時間外(夜間・深夜など)になってしまうときは、夜間窓口で当直職員の方に預け担当部へ配達していただくことができます。
当直職員の方に書類をお願いした際に受付印をもらっておくと安心です。
夜間窓口の場所については、看板等の表示があるとは思いますが建物の配置によりわかりにくい場合もあるかもしれません。
ご不明の際は警備の方にお尋ねすると教えてもらえます。


高等裁判所 ・ 時間外の書類提出にいて
 
上記地裁と同様です。 夜間窓口の場所については、看板等の表示があるとは思いますが建物の配置によりわかりにくい場合もあるかもしれません。

ご不明の際は警備の方にお尋ねください。
  東京高等裁判所を例にしますと、裁判所門にあります守衛室で用件を告げ、奥の地下駐車場入口横の階段を下りた先に夜間窓口があります。
(東京高裁と同じ建物に東京地裁もあります)


最高裁判所 ・ 時間外の書類提出にいて
 
最高裁判所の場合、夜間窓口はありません。

その代わりに受付箱がありますので、そこに書類を入れます。
南門の守衛室で伝票を受け取り、その場で必要事項を記入します。
受付箱のある小屋がありますので中に入り貼付し投函します。
備え付けの封筒を使うこともできます。


情報開示請求について

必要な情報を請求することができます。

ご不明の際は請求先でお尋ねいただくとわかります。


検察庁への情報開示請求について
 
刑事訴訟法で情報開示請求の対象外となっておりますので、通常は情報開示請求することはできません。



特殊清掃について  
 
お亡くなりになった方の発見に時間がかかった際、警察の調べがすべて終わり入室可能となったとしても、すぐに入室したり清掃を始めることはいろいろな問題がありますので、準備が整うまで見合わせるほうが賢明です。

賃貸経営者様や建物所有者様が安易に立ち入ると健康に影響がでる場合もありますので、必要な防備と消毒をされた上で清掃や復旧にあたられるようお願いいたします。
また業者に依頼されるにしても、適正な方法ができる知識があるかどうかを確認することも大事です。
知識のない方が作業をされますと、再度の作業が発生するなど費用負担が増える事にもつながります。

暮らしに関わる情報提供 ひまわりプラザについて  
 
ひまわりプラザは、生活の中でおきる様々な出来事について安心につながる情報を提供するセクションです。
共助の心を大切にし、地域支援や社会貢献となるよう設けた福祉プロジェクトです。
問題を抱えてひとりで悩む方に、解消に向かえるようお手伝いをすることもあります。


メールアドレス変更のお知らせ (2017.2.4更新)
  平素よりお引き立ていただきまして誠にありがとうございます。

上記整備とシステムの将来対応等に関連してメールアドレスの変更を実施させていただくことになりましたのでお知らせさせていただきます。


弊社ドメインのメールに関しては、引き続き原則部内のみの運用とさせていただき、フォームについても制限内での使用とさせていただいております。


お客様やユーザー様のご連絡用窓口メールについては、ヤフー株式会社様にて提供していただくことになりました。
新設のメールアドレスは taoffice_info1@yahoo.co.jp です。
お手間をおかけしまして誠に恐縮なのですが、アドレスブックの変更等、宜しくお願い致します。(これまでの窓口メールアドレスは廃止となります)


プロジェクトやメンバー様の連絡メールについては、これまでどおり個別メールにて対応させていただきますので、引き続き宜しくお願い致します。

製品の代金引換郵便についてのお申し込み、ご連絡については、当面上記の新メールアドレスにて対応することに致しました。
担当区分が決まりましたら、専用のメールアドレスに移管する予定でおります。

位置通報、救援等のアプリシステムについては、当面メール連絡先を上記の新メールアドレスにての対応とさせていただきます。


ご多忙のところ恐縮ですが、宜しくお願いいたします。
 
     
     

   

Copyright (C) Office Takahashi ,Yokohama JAPAN ( ATV , ATV Network Systems,ATV Asahi Television) , AllrightsReserved.