ATV LIVE CAM /生テレビ チャンネルガイド
1995- ATV Asahi Television
i ENG sys
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
TV1 asahitelevision.com TV2 asahi-tv.ddo.jp
 ATV WEB TOP >>生テレビ関連ヘルプ >>ねこカメラガイド >>ガイド ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
■ 新規公開・アップデート履歴一覧
フィールド中継・F11M (ATV LIVE CAM いきもの24時間生中継)


 ATV生テレビ「フィールド中継システム」を利用した「ねこカメラ」補強チャンネル

概略
フィールド中継システムは、場所やLAN接続に依存せず生中継をおこなうために整備したシステムです。

離れた場所(国内各地や海外)からインターネットを介して生中継するためのものです。
北海道から九州・沖縄などインターネットに接続できる場所なら、国内はもちろん海外からでも映像を送ることができる。
これがフィールド中継システムの特徴となります。
誰でもお手元のPCを使ってATVのテレビ中継やラジオ放送に簡単に参加できる、ということを意味します。
(どのようなことに利用するかの代表例はこちら >>リアルタイム技術の応用


システム検証
フィールド中継システムは「ユニバーサル・メディア構想」(以降UM)の根幹となるシステム。
UMのひとつの形が実用と社会実験を兼ねた「各地を結ぶリレー生中継」で、このフィールド中継システムを使います。
その先行試験運用に投入したのが「フィールド中継・F11M」です。

機器やシステムの検証、信頼性の確認、運用上の見極めなど様々な検証に用いるため、「ねこカメラ系」に投入。
「ねこカメラ」の補強を兼ねた実地運用テストのチャンネルとして現在に至ります。


チャンネルタイトル名の由来
ローカルネットワーク系統内にある送出システムに依存せず、独立した送出システムからインターネット経由で映像を受信サーバに送れるので「フィールド中継」という名称になっています。


サブネーム
最初の「F」はフィールドの「F」。
次の「11」は中継枠の「1〜10番」と「20番」以降は他の使用予定があるため「10番台」をねこカメラ用の割り当てとしこの付番の関係で「11」となりました。
「M」はマルチリンク機能を有することを表します。


マルチリンク機能
視聴者の見るストリームスタイルは変えずに複数の中継ソースを流すことができる機能がマルチリンク機能です。

臨時中継」のシステム(*1)に無線方式による映像伝送(*2)や、各種電話音声のストリーム化、携帯カメラ画像の同期変換・ストリーム挿入など複数のアップリンク方法をプラスしたのが「フィールド中継システム」。
カメラも業務用機からホームビデオカメラ、USBカメラなど機種を問わずに接続できる機能も有します。
ネーム末尾にMがつきます。

(*1) 「送出機」(またはPC)のエンコーダ信号をインターネット経由でグローバルIPやドメインで受信し、配信サーバからリアルタイムにストリームするシステム。「リレー中継」と呼ぶ。
(*2) 一般的な無線LANではなく基地局・移動局間伝送のこと。フィールドワークや中継車伝送などに使う。


中継のあるとき
F11Mは
 ・原則日中から夜11時位までをカメラ運用時間帯とし
 ・生中継がある場合のみオンエア扱いとする
という運用になっています。

フィールド中継システム自体やF11Mは24時間年中無休で稼働しています。


中継のないとき
カメラ中継がない時はビデオ映像に切り替えます。(フィラー映像)
F11Mでは「ねこカメラ」の補強なので、こどもの頃の映像などを流して楽しみの幅を広げます。
ビデオといっても「生中継内のビデオ」です。オンデマウンドではありません。

・間合いに流すビデオ映像は送出サイドのタイムテーブルによる自動制御ループで流れます。
・運用の都合でカラーバー信号や静止画信号に切り替える場合があります。


静止画像でも見られます
生中継映像をjpg画像で表示する静止画モニター「ねこカメラ・デスクトップパネル」。
リアルタイムに静止画像化し5秒ごとに自動更新します。


この図はATV LIVE CAMの映像中継システムの構成イメージを簡略化して記したものです。
カメラのライブ映像が視聴されている方のPCへ届くまでの経過が、かんたんにわかるよう図にしました。
図の中央より左側、緑色の線で書かれている側が「ローカルエリア」環境を表しています。


ATV LIVE CAM / Live cats program
いきもの24時間生中継 フィールド中継F11M
24時間生中継「ATV LIVE CAM」

■2008年4月7日からの臨時運用追加

機動中継チャンネル(AP)用機材(可搬式送出機)の空き時間を活用し、在庫の予備カメラ(赤外線暗視対応高感度カメラ)と組み合わせて1Fねず小屋の押さえをおこないます。
機材の空き利用なので常設ではありませんが、お気に入り小屋に入っているときはできうる範囲でライブしたいと思っています。
小屋など送出機フィールドにねずがいないときや、送出機が本務に使用され使えない場合などは、これまで通りフィラー映像に切り替えます。

* ねこカメラ用「臨時中継」チャンネルはねこカメラ用フィールド中継「F11M」とは別運用です。
これまで中継のない時に同じフィラー映像が流れているので、同じ送出と思われていたかもしれませんが別運用のチャンネルです。(フィラー信号はフィラー用送出系統から供給。使用するチャンネルに適宜割当ます)

お気に入りの寝場所その1 通称「ねず小屋」(1F・ロッカー上の高いところにありダンボールの囲いが山小屋風なので)
その他の場所にも寝場所がある(仮眠所ベッドや応接室ソファ、南側廊下、サンルームなど)


中央廊下を行き来する「はな」「ねず」











■ 24時間生中継・生テレビ 「ATV LIVE CAM」 ■ ATV NEWS ■ ATVあさひテレビジョン インフォメーション ■ ガイド&ヘルプ
リアルタイム伝送(テレビ・動画・ラジオ・静止画・データ)
・ATV LIVE CAM画像掲示板(インタラクティブ)
・ATV LIVE CAM 生中継管制センター
・防災チャンネル
・情報検索アンテナ
・ARSC 調査取材支援センター
■ にゃんだーランド子猫3姉弟
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.