とよだテック・あさひテレビジョン PC TOP or Mobile TOP > にゃんだーランド > 裁判官の違法行為、裁判所の不正による高橋及び業務に対する被害や損害、影響についてのご報告
 サイトトップ(PC用)
 サイトトップ(モバイル用)
 Summary 各種ご案内
 所 在 地 情 報 ( 表 記 )
 History 概 要 ( 沿 革 )
 History 特殊車両MC6
   (はじまりはここから) 
 弊 社 周 辺 情 報
 にゃんだーランド
   ライブカメラ・ストリーミング
   (実験用・パーソナルエリア)
 Instagram yutaka_work
 翠 恵 書 道 教 室
 ねこ様トイレのさらっと爽快
 きらきらタオル
  【楽々清潔・資産価値・空室対策】
 バシャバシャ音水はね抑制
  【生活騒音・汚れ防止】
 ワイヤーメッシュ
  【ねずみ、ハクビシン、リスなど
   小動物や生物避け】
 EXCバスルームきれい綺麗
  【カビ対策、清潔、ワンランク上
   の光沢、お手入れに洗剤不要
   節約、お掃除が楽】
 EXC 洗面ボウル・洗面台・シンク
  トイレまわり
 EXC 木材・木製品の保護  
 HOME AC/DCミックス
   【省エネルギー・節電・自給自足
    交直電力協調利用】
 Fieldwork ・ フィールドワーク









 【 実態資料 】 裁判官の不正違法行為、裁判所の不正についてのご報告

訴訟に関わる事実経過と高橋の被害や損害、影響などについて


2022年6月28日

2022年8月10日追記
最終更新日 : 2022年8月10日
  【 初公開 】   エビデンスデータを一部公開します
「 危険な法廷 」
   裁判官の職務における不正の実行を見る ( PDF版 )
 文書の概要  ( 全て実話です  )

 男性S氏に騙され信じてしまった未成年女子Aさん。
  S氏は立場を利用し、巧みにAさんを洗脳状態へとしてしまう。
   そして、隠れて不適切な交際を続けたことで、Aさん家庭は崩壊。
 Aさんの母は健康を害し、どうにもならない状況から学友の高橋に救援を求めた。

 S氏と両親は、息子のしてきた行為をもみ消し、無かったことにするため大物弁護士に依頼。
  Aさん母子を悪者に仕立てS氏と両親が被害者である、とした筋書きで裁判に持ち込んだ。
   高橋は法廷でS氏の嘘を暴き、事実を示す。
    不利になったS氏は裁判官にはたらきかけ、判決をS氏勝訴になるよう抱き込んだ。

公正公平のない裁判官の不正を目の当たりに見た高橋は、無実の罪を押し付けられ痛めつけられた母子を守りながら逆転裁判を目指します。
高橋を阻む勢力をかわしながら、裁判官不正行為の再発防止と、同様の被害者をこれ以上出さないためにも頑張ってまいります。
一人でも多くの方に知っていただくことで、問題の改善につながります
宜しくお願い申し上げます
文書を読んでいただくと、追体験していただけます
わかりやすくするため細かい表現や、背景、証拠などの説明は省いています



1.  【 はじめに 】
訴訟及びこれに関連する情報の取り扱い方針の変更について
2. 訴訟活動再開にあたって高橋からみなさまへのご挨拶
3. 不正な裁判官と裁判所への闘いに対する高橋の思い
4.  【 被害状況 】
高橋及び業務に対する被害や損害、影響とその経緯概要についてのご報告
5. 以下作成中
【 図1 】 N弁護士のAさん延期を了承したK裁判官
辞任で原告有利にする不正を企み準備するK裁判官
【 図2 】 K裁判官、法廷で違法行為を実行!
午前の部の一部
【 図3 】 N弁護士が作成した当日の手順書
【 図4 】 K裁判官の発言記録
午前の部の不正行為の一部
【 図5 】 K裁判官の違法、不正行為による被害を地裁所長に申し立て(はじめの受付は地裁総務課)
所長の隠蔽、もみ消しと、K書記官の証言
【 図6 】 本裁判の関係者全体を示した図
【 図7 】 男性S氏と高橋の関係を示した図




2022年7月15日 2022年7月17日加筆
 【 はじめに 】 訴訟及びこれに関連する情報の取り扱い方針の変更について

 平素よりお引き立てをいただきまして誠にありがとうございます
本年5月をもって、訴訟及びこれに関連する情報の取り扱いについて変更することに致しました

 問題発生当初より被害者親子の保護を最優先としてまいりましたが
1. 加害者の対応が適切でなく良識に欠き、現在も変わりがない
2. 裁判所は、職員の不正違法行為と組織的隠蔽など、公務員信用失墜行為など複数の違法行為について適切な対応をせず隠蔽
証拠もあり誰の目にも明らかであるにも関わらず、裁判官らは自らの保身を優先するため、裁判官の不正と暴力による高橋と被害者親子の被害救済を行わなかった

この事件は、個人の問題ではなく、日本国民の誰もが裁判所と裁判官による被害を受ける可能性を示したものであり、法を遵守するべき裁判所が法を守らず、危険な仕組みが内部に潜んでいることを知る必要がある
裁判所が憲法を蔑ろにし、主権者である日本国民の権利を侵害する行為を平然と行い、それを隠すなど重大問題であること
3. 最高裁判所への上告に対して不当な対応がされている。最高裁は下級審を監督するところ。
地裁判事が法廷で職務中に起こした不正について事実確認し、適切な処分を行うのは最高裁判所の仕事です
これらの状況で、被害者親子と高橋は有形無形の被害を受け、損害、損失が日々増大しており精神的苦痛もはかりしれません

高橋は、これまでの問題解決方針であった「非公開による被害者母子の保護を優先」での事件解決は、今日までの経過をみてもわかるとおり困難であります。
被害者親子の受けた苦しみや傷を緩和するどころか、裁判所のせいで更なる苦痛と損害が継続し、よりいっそう傷を深めているという現実に直面しています
こうした現状を鑑み、非公開での訴訟活動に限界があるため、「プライバシーを守りながらの公開」に方針を変更することに致しました


 事実の公開に先立ち
1. (発生当時未成年) 被害者Aさん(女性)の安全を確保するため、高橋は関係各所、行政、警察などに対し手続きや話し合いを行い、今後に備えた準備をしました
2. 被害者Aさんの母の安全を確保するため、高橋は関係各所、行政、警察などに対し手続きや話し合いを行いました。
Aさんの母は、トラブルの原点となったS氏により健康を害し、病気を患い、更にS氏の両親の行為により病状が悪化しました
S氏の雇った弁護士による不当な圧力や、便宜をはかった裁判官による不正行為や脅し、正義のない裁判所の実態を目の当たりにして更に病状が酷くなりました

S氏が自らのした行為を無かったことにするため「Aさんの母は、娘Aと共謀した共犯者である」 として訴えたため、訴訟当事者にされてしまいました

「S氏の主張は虚偽であり、自分たちは被害者で罪を着せられた」、ということを証明するため裁判活動などに耐えていただく必要があります
高橋は関係機関や病院との調整、協議、精神面でのケア、安全サポートなどを強め、体調維持に協力しています
3. 一般に公開するための準備として、文書作成における表現の検討や証拠物の選別、開示する証拠の再点検、これまでの文書資料の再点検などをおこない、上訴や訴状などとは異なる一般向け資料を準備し開示することで、被害者のプライバシー保護との両立をはかります
4. 高橋の体験した事について、被害者親子への支障が無い限り、あった事実を極力お話いたします
これにより社会や日本に暮らす多くの人々が、「知ることで益する」ことになると信じています
また多くの人が実態を知ることで、裁判官と裁判所が公正公平な正しい司法への後押しとなることを願っているからです
注. 高橋は「本人訴訟」で裁判をおこなう形式を選択しており、法に基ずく権限を有しています
本人訴訟とは、代理人弁護士をつけないで本人が全てを行うことを言います
高橋が代表筆頭となり被害者親子を助けながら訴訟活動に挑んでいます
法廷内で高橋が裁判活動をできるのは、「S氏のおかげ」です

準備を整え、これまであった事実を開示し、多くの方々と情報共有することで、「第二第三の被害者を生み出さない」の実現できることを願っている次第です

みなさまのご支援とご協力、なにとぞ宜しくお願い申し上げます
高橋 豊(豊田テック・ATV代表)
TOPに戻る MENU 一覧


「裁判官」は強力な権力を持つ国家公務員特別職

 自らを律し公正公平を堅持しようと努める裁判官も多いとは思いますが、
  一部の判事は、自分のもつ強力な権力という誘惑におぼれ、密室の法廷でやりたい放題

   悪い裁判官からの被害を受けたくない、好き勝手させたくない、

    そのためには主権者である国民の目と声が必要です

 通常、裁判所の実態は隠されて人目に触れません

  しかし、幸いにも私が体験した民事裁判における
    不正判事と、裁判所の隠蔽体質という出来事で
       裁判所の実態を知ることができました

不正の実例としてちょうど良いので、証拠もあり、わかりやすい本件を用いて世に広く知らせ、
 そこにある危機を皆様と共有し、被害防止の一助となるよう努めてまいります

  特に若い人たちが苦しんだり、困ったりするような社会になってほしくない

 私の寿命も遠からずで、じきにあの世にいくことになります
ネットワーク上にも記録を保管することで、裁判所の隠蔽や攪乱のためのフェイク情報の抑制にもつながることでしょう

難しいとは思いますが、健全な裁判所となるよう、内部からの改善を促すきっかけとなれば良いですね

本件をとおして事実の検証を助け、記憶の風化を防ぐことにもつながることを願って
 本民事裁判と背景などに関する記録をできうる限り公開いたします
高橋 豊
TOPに戻る MENU 一覧



これまで被害者母子の病状やプライバシー、裁判中であること等を考慮して、
 裁判官と裁判所の不正の実態と危険性などについて公表することを控えておりました

  しかし、裁判官が法廷で「わかりやすい違法行為」をするとは前代未聞であり、
    この不正により重大な被害と損害を受けました

公正でなければならない裁判が
     裁判官により歪められ、健康まで害され、本来なら必要のない無益な労力まで
       負担させられたことなど、許すことはできません

裁判所や裁判官は、日本に暮らす人々や企業などの活動と密接に関わっています。
  社会、経済から職業、生活や暮らし、生き方などあらゆることに影響を与える公の組織です

 裁判官が法廷で不正や違法行為をした際、被害者を救済し、事実関係の確認と再発防止、
  抑止のための厳重処分をするために、監督者である上位の裁判所と全裁判官が共有する
    「裁判官自治」があるのです

 しかし実態は、法を守らない裁判官、己の利益のために公権力を悪用する判事、
  裁判所所長にいたっては犯罪事実のもみ消しと事件が表沙汰にならないよう証拠隠滅を図る、
    最高裁判所は責任逃れをしたいのか積極的に動こうとしない

裁判所の組織を構成する国家公務員特別職の判事は、裁判官の信用失墜行為を認め、
 裁判所が自らの組織がした不正から目をそらさず、被害者の救済と権利の回復、
  それに国民の信頼回復と公正公平を守るため自浄作用の働く組織となるよう、
   いまこそ勇気をもって行動しなくてはならない、と思います

このような状況のなか、裁判所が本来とるべき行動をするよう、訴訟当事者で被害当事者の高橋と他2名は、
 いろいろな方法で裁判所に働きかけをしてまいりましたが、裁判所が応じないため
  主権者であり監督者でもある国民の皆様に、本件における裁判官の違法行為と裁判所の不正の実態を
   公表することに踏み切った次第です

とても身近でしかも強大な力を持つ組織である裁判所を、本来あるべき姿に戻すためのお力添え、
  何卒宜しくお願い致します
2022年を決着をつける年として最高裁判所への上告やその他法的措置をとってまいります
 そのため、各裁判の活動に支障がないよう原則証拠物の非公開、
   内容や表現への制限をかけさせていただいております         高橋 豊

TOPに戻る MENU 一覧


コロナ禍の影響もあり裁判の再開時期を延ばしておりましたが、下記のこともあり2022年を再開年としました

訴状に犯罪者と書かれ、罪を着せられたお嬢さんと、共謀者に仕立てられた母親、
 お二人の無実を証明し罪状を消す。
  被害者家族のこれからを考えれば、できれば早く決着をつけてあげたいという気持ちでいっぱいです

自分自身、あの世に近い年齢になり、気力体力のあるうちに事件解決をしてあげたいと思います
 私自身、残された時間にも限りがありますので、決着で日常の生活に戻り、仕事に励み、
  日本に暮らす人々と地域のお役にたてる生き方をしたいと望んでいます
高橋ゆたか
TOPに戻る MENU 一覧


裁判官訴追委員会 裁判官弾劾法 公平中立な裁判 採用 公平中立 裁判所 広報誌「司法の窓」

民事法廷の独裁者K   私利私欲の裁判官

「人の役に立ちたい」という目標に向けてがんばる長女
  ある男性の影響で狂わされていく
   長女の交際相手のせいで病気になり、会社を辞めざるを得なかった母

 家族ぐるみの付き合いをする学友の女性から、「助けて」の一報が高橋の携帯に届いた
   はじまりはここから・・・



画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧



画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧



画像の原寸表示 画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧



画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧




画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧



画像の原寸表示
TOPに戻る MENU 一覧


2022年7月17日
 【 被害状況 】 高橋及び業務に対する被害や損害、影響とその経緯概要についてのご報告

 平素よりお引き立てをいただきまして誠にありがとうございます
相手方及び事件関係者によって高橋の受けた主な被害状況についてお話いたします。

  仕事面
事業計画の中止、大幅な遅延、延期による損害、名誉棄損、及び機会損失等による損害
業務活動を妨げられたことによる損害、及び必要のない労働を強いられたことによる損害
製品やサービス、技術の研究開発と、それらの製造やサービスの開始を妨げられたことによる損害
ねこたちと暮らす「やすらぎの里」施設の開業延期による損害
インターネット関連業務のサービスの中止、延期や本来必要のない作業を強いられたことによる損害
システム、サーバー等の設備機器等の更新、新造の中止、延期などによる損害
コンテンツ、I&Iなどのオペレーション関連の大幅な遅延、延期または縮小による損害
建物などの更新、建設、修繕の中止、延期などによる損害
  
  高橋個人
必要のないことを強いられ時間を失ったこと
必要のない金銭の負担を強いられたことによる損害
必要のない作業を過度に強いられたこと、ストレスや精神的苦痛により健康を害したこと(入院手術)
脅迫や、虚偽の流言などによる名誉棄損などの損害


 S氏とS氏の両親は、損害を与えない決着がいくらでもできた

S氏のおこなった行為により、被害者親子の家庭を壊し、Aさんの学業を妨げ、学校から退学処分の通告を受けました
高橋はS氏とAさん、二人の将来を案じて穏便な形で解決をめざしました。
学校に退学処分の撤回をお願いし、取り消していただきました。

Aさんは結婚すると言うS氏の言葉を強く信じていました。
しかし高橋はS氏の過去について知っているので結末が予想できたが、Aさんは盲信しており洗脳状態なので、全てを明かすことの危険を考えたました。
S氏とS氏の両親は、両家話し合いの席で「結婚させてくれ」とS氏両親が何度も強く懇願。
そしてS氏とS氏両親の暮らす実家で「婚前同居しよう」とS氏母がAさんに促す「いっしょに帰ろう」と。
Aさん母は拒絶。「まずはAさんを連れて帰り、学校のことやこれからのことについて話をしてから。結婚の話はそのあと」

S氏とS氏両親の説得を受けたAさんは同居に同意、S氏の実家で暮らすことに。
S氏とS氏両親の「結婚させてくれ」の話は、その場しのぎの言い逃れでついた作り話であり、翌年、実家からたたきだされたAさんを、Aさんの母から頼まれた高橋が保護。

自分たちの行為を無かったことにするため大物弁護士使い、虚偽の主張と、不当な言いがかりをつけてきました。
そしてS氏は大物弁護士を使って民事訴訟に訴えたが、事実を知る高橋により主張が覆されるに至り、裁判官を抱き込んで不正な手段で裁判に勝利しようとしました。

地裁判決は、S氏の完全勝利、高橋らは全面敗訴となりました。
高橋は即日控訴し、本人訴訟のまま高等裁判所へ。

高裁控訴審で、Aさんを尋問することができましたが、法廷に入りS氏の顔を見た瞬間体調が急変、救護のため2時間ほど休廷、尋問開始が遅れました。
高橋は裁判長と相談した結果、S氏の姿がAさんの視界に入らないよう、急遽パーテーションを手配していただけることになり、職員の皆さんが地下の倉庫に取りに行って用意して下さりました。

高橋の予定していた尋問はほとんどできず、法廷に立つAさんの体調をみながら質問を選び話しかけたが、Aさんの息もおかしく声がほとんど聞き取れないような状況でした。
反対尋問で大物弁護士が質問したが、質問自体が意味をなさない問いかけばかり。
裁判長が「もういいでしょう」と腹立たしさが滲むような口調で大物弁護士の質問を止めてしまいました

控訴審判決では、高橋らの主張により逆転できたが、納得のできない部分もあり、地裁の不正問題についても不十分なため、最高裁へ上告するという経過になります


そもそも、S氏とS氏の両親が責任逃れをしようと嘘をつき、被害者母子を騙して、息子のした行為を無かったことにしようと画策したのが間違いです。

最初の話し合いで息子の非行を認め円満に交際解消を申し出るか、それとも本当に結婚すれば、人の人生を狂わし、滅茶苦茶にすることはなかった。

Aさんを実家から追い出した時も、話し合いで解決できたのに、それをせずに嘘をつき、弁護士を使って理不尽に威圧し脅して、自分たちだけ助かろうと図り、弁護士も仲介者との兼ね合いと自身のプライドもあってか、裁判をちらつかせ、そして引っ込みがつかなくなって裁判に訴えるという愚かな道を突っ走りました。

S氏とS氏の両親は、裁判に至る前に何度も解決できるチャンスがありました。
高橋は、裁判になった時のS氏側にとって最悪の結果となることを予想できたので、それを回避するべく温情ある提案を何度もしましたが全て蹴られてしまいました。
S氏と両親は自ら最悪の結果を招いたわけで、裁判の進行とともに事実を知って後悔したかもしれません。

しかし、もう手遅れですので、優先順位に従い順番に対処させていただく、ということです
高橋 豊
TOPに戻る MENU 一覧
# 証拠物は安全な方法で分散保管しています



高校時代の学友から助けを求める声が
 女性からのミッションは、
   魔の手によってさらわれた娘さんを無事に救助し呪いを解くこと
      襲いかかる悪者さんから、母子をまもるおじさんの運命はいかに

大人になっていない女子を惑わす悪者さん、
  よりによっておじさんの親しいお嬢さんに2度も近づくとは運の尽き
    言いのがれができなくなった悪者さん、
       自分のしてきたことを隠そうと大物弁護士さんを召喚した

そしておじさん史上最大の敵が現れた

 悪者さんに味方し、おじさんを攻撃してくる最強裁判官
   しかし調子に乗って墓穴を掘った
     おじさんに首根っこ押さえられた最強裁判官の悪事がバレないよう
        おじさんの邪魔をする裁判所の偉い人たち

2022年を最終決戦の年と決めたおじさん。
  いのちをかけた最後の闘いに、みんなの元気パワーを分けてくれると
    LIFEが増えて最後まで生き延びられるかも

よろしくお願いいたします
わかりやすいようRPG風に工夫してみました
TOPに戻る MENU 一覧
にゃんだーランドに戻る


狂った裁判官 #危険な判事 #あぶない裁判所 #裁判官 #裁判所 #地裁 #裁判官の犯罪 #裁判所の不正 #脅迫する判事



 サイトトップ(PC用)
 サイトトップ(モバイル用)
 Summary 各種ご案内
 所 在 地 情 報 ( 表 記 )
 History 概 要 ( 沿 革 )
 History 特殊車両MC6
   (はじまりはここから) 
 弊 社 周 辺 情 報
 にゃんだーランド
   ライブカメラ・ストリーミング
 Instagram yutaka_work
 翠 恵 書 道 教 室
 ねこ様トイレのさらっと爽快
 きらきらタオル【楽々清潔・資産価値・空室対策】
 バシャバシャ音水はね抑制【生活騒音・汚れ防止】
 ワイヤーメッシュ【ねずみ、ハクビシン、リスなど小動物や生物避け】
 EXCバスルームきれい綺麗【カビ対策、清潔、ワンランク上の光沢
  お手入れに洗剤不要、節約、お掃除が楽】
 EXC 洗面ボウル・洗面台・シンク・トイレまわり
 EXC 木材・木製品の保護  
 HOME AC/DCミックス
   【 省エネルギー・節電・自給自足・交直電力協調利用 】
 Fieldwork ・ フィールドワーク



とよだテック・ATVあさひテレビジョン・ひまわりプラザ
(Office Takahashi Yokohama)
Copyright (C) 1995 Office Takahashi ,Yokohama JAPAN ( ATV Asahi Television,Toyoda Tech,ATV Network Systems) , AllrightsReserved.