i ENG sys
1995- ATV Asahi Television
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
asahitelevision.com asahi-tv.ddo.jp
 ATV WEB TOP >> ATV News Live ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
◆ 新規公開・アップデート履歴一覧

NEWSインデックス
■ 事件
■ 事故・生活安全
■ 経済 index
 ◇ 金融・市場
 ◇ 銀行
 ◇ 自動車産業
 ◇ 電機・電器産業
■ メディア・ニュース・芸能
 ◇ 海外ニュース比較
 ◇ 芸能人タレント一覧
 ◇ 地上波デジタル放送
■ 食品
 ◇ 安全・衛生
 ◇ 健康に関する問題
■ 水 [資源と環境] 
■ 特別会計
 ◇ 独立行政法人
 ◇ 特殊法人 ◇ 旧特殊法人
■ 裁判
 ◇ 裁判員制度
■ 政治
 ◇ 歴代内閣総理大臣
 ◇ 議員 自由民主党
 ◇ 議員 民主党
 ◇ 議員 公明党
 ◇ 議員 日本共産党
 ◇ 議員 その他
■ 外事・国際
■ 国防・軍事
 ◇日本周辺国・核保有国
 ◇ アジア
 ◇中 東
 ◇大洋州
 ◇ヨーロッパ
 ◇北 米
 ◇中南米
 ◇ アフリカ
 ◇領土・領海
■ 石油
■ 法 ・人権
■ 防災・災害関連
◇ 防災関連
◇ 新潟県中越沖地震
■ ガス爆発事故
■ 不審火・放火・火災
■ 消費生活関連
■ オンブズマン
■ 環境問題 気候変動
>> 情報検索 ニュース比較
■ 調査支援「ATV RSC」
■ 情報アンテナ
■ ATV LIVE CAM
・いきもの生中継ねこカメラ
・各地を結ぶリレー生中継
■ ATVテレビ ヘルプ
■ ユニバーサル・メディア
■ ATVインフォメーション

横浜開港150周年
検証「開国博Y150」

* 上の画像は生テレビ「ATV LIVE CAM」の映像をリアルタイムに静止画像化しています。
5秒で自動更新。
本編生テレビはフル規格のライブストリーミング映像です。
ねこカメラ チャンネル情報
・各地を結ぶリレー生中継

生テレビ
 ATV LIVE CAM


■ 衝突 ・海上自衛隊 ・護衛艦 あたご ・JMSDF DDG ATAGO class
2008年2月19日午前4時7分ごろ、千葉県・野島崎の南南西約40キロの太平洋で、海上自衛隊第三護衛隊群所属の護衛艦「あたご」とマグロはえなわ漁船が衝突。漁船は沈没し乗組員2名が行方不明。



漁船の親子が早く発見されることを願う。


東京湾から北米ハワイなど太平洋航路となる事故海域は大型船だけでなく漁船も多い。
日の出前の暗がりと午前4時という注意力低下の時間帯、しかも日本領海内で東京湾口間近でおそらく通常直。

房総半島沖海域混雑は海事関係者なら誰でも知っていること。しかも漁船や沿岸航行船もいることが予測できる海域。
商船なら最も注意を要する危険な状況だろうが、イージス艦あたごは人員も適切に配備され機材も一流どころか特級。
大洋ならいざしらず事故直前まで自動操舵で航行しているところにあらわれていないか。
機材が良くても判断するのは人間。危険予測ができなければ最悪の結果は免れない。

有事の際、戦端を開くときはなるべく奇襲的要素を持たせるものだろう。
私は敵ですよ、これから攻撃しますよ、とサインポール・電飾ギラギラで開戦することはあり得ない。
だから平時の時でもいつも気が抜けないのは自衛隊という仕事に就くものの宿命。
気が抜けなくて嫌だと言うなら他の仕事に転職しなさい。
漁船に偽装して体当たりという方法がとれることを敵国に教えてしまうことになる。

目視の見張りは裸眼だけでなく夜間双眼鏡暗視装置も使うだろう。ブリッジには10名ほどいたという。
あたごのようなミサイル艦には人の目だけでなく、水上レーダーもあれば水中の音を拾うソナーもある。
それぞれに専門の人間が付いていてCIC(戦闘指揮所)に情報を送る。
うまく各部署の連携がとれていたら、この事故は避けられたかも知れない。
これだけの機材と人材がそろっていてこの事故とは「最新鋭イージス艦」が情けない。
10ノットならソナーも生きているはず。方位確定や聞き分けの訓練にもなるだろうに。
水上レーダーも小型の不審船や浮遊物(機雷や漂流爆発武器)の発見の訓練もできる。(むろん近距離・遠距離モードの問題もあるが)
当時の天候なら波も高くなくレーダー妨害もないだろう。
レーダーアンテナが高い(マストが高い)方がより遠くも見られる。しかし「灯台もと暗し」のたとえもある。

港に入り繋留するまで本文を尽くすのが自衛官の努め。
敵潜水艦は音の多いこのような海域は居心地が良いはずだ。
事故当時ソナー室が潜水艦のかくれんぼと取組中なら漁船に傾注できなかったとしても仕方ないのか。しかし水上艦の存在は当然把握していたはず。もしも音源多すぎてしかも平時だからとスイッチ切っていたとしたらそれこそ大問題だ。

作戦行動(迎撃実験・訓練・日米連携)を無事終え、後少しで帰国上陸という気のゆるみがあったのか、それともハイテク最新鋭艦の油断かおごりでもあったのか。
昨年10月にの海自舞鶴基地(京都府舞鶴市)を出航、1月にハワイでのミサイル迎撃実験に参加。数ヶ月に及ぶ海外任務からようやく帰国となり、横須賀寄港目前での痛恨の事故。
隊員たちは実験成功の意気揚々とした誇らしい気持ちも吹き飛んだことだろう。

護衛艦サイドで見てみる。
あたごに限らず大型船の操船は難しい。全速後進入れてもすぐに止まれない。速度が落ちると舵が効きにくくなる。
小型船の機動的な錯綜した動きに対応できるような機敏さは大型船にない。
右側通行の原則で言えば右に舵をきるところだが、漁船進路が左方であたご進路前方と右に漁船が複数隻おり、進路不確定だと、どこに行っても漁船を傘形危険界に入れてしまうと判断したのかもしれない。
だから直進のまま進行したのか。機敏な相手がよけるだろうと思って。
それとも複数の漁船の動きを確定できずに1隻を見落とした可能性もあるのか。

何れにしろ最悪を想定し減速または一時停船した方が良かったのかもしれない。
しかし有事の際きちんと働いてくれるか心配の種がひとつ増えたことに変わりはない。
敵はしたたかで狡猾だ。利用できるものは何でも利用してくる。落とし穴・盲点は平時から研究してそこを突いてくる。
たとえば横須賀基地のお膝元の海域は敵潜監視活動のポイント。見張りや音紋記録に沈没船を利用することもできる。SOSUSごまかせれば、MADに反応あっても沈没船、音源あっても沈没船と沈停のカモフラージュにはうってつけ。
だから錨降ろすまで気が抜けないのは当然。こんなことで大丈夫か、海上自衛隊。

海底捜索 サイドスキャンソナーSide Scan Sonar)・AUV 

◆ 海上保安庁 画像
・第三管区海上保安本部(横浜) ・横須賀海上保安部 ・海難審判
・海上衝突予防法




ARSC 調査取材支援センター ■ 調べを支援「ATV RSC」
国別のNEWS・情報収集は・・・ ■ ARSC 世界の国々 ■ 世界のグーグル一覧 ■ 世界のヤフー一覧 ■ 世界のMSN一覧
■ 経済 >> 日本を中心に世界の現状も把握。分析で経済・社会・ビジネスの舵取りに役立てる
◇ 世界の主な国々をニュースという切り口で見る  ◇ アメリカ合衆国  ◇ 中華人民共和国
◇ 都道府県で見る 【財政・税収・歳出・起債制限比率・議会・雇用】 ◇ 小売業 【 百貨店・コンビニ・スーパー(チラシ・クーポン) 】
■ 海上補給路 日本経済と暮らしに重要な資源輸送ルート
ATV NEWS ■ 事件 ■ 事故
■ NEWS LIVE 経済(入口) ◇ 自動車産業 ◇ 電機・電器産業 ・・・より深くの調べはARSCもあわせてご利用ください
■ 政治 ◇ オンブズマン ■ 特別会計 ◇ 公正取引委員会 ■ メディア ◇ メディア・海外ニュース比較 ■ 安全・衛生
■ 日本周辺国及び核兵器保有国 ◇ 領土・領海 ■ エネルギー ■ 食の問題 ■ 水[資源と環境] ■ 健康に関する問題



◆ 関連
◇ 海難審判庁 画像 検索
・裁決書 ・裁決速報
平成17年度 平成16年度 平成15年度 平成14年度 平成13年度 平成12年度
平成11年度 平成10年度

◇ 船舶レーダー ・JRC日本無線 当該 ・ヤマハ(ワイズギア) 当該 ・古野電気 当該
・光電製作所 当該
◇ オートパイロット ・横河電子機器 当該

◇ 海難事故 ・海難 漁船 画像 ・当て逃げ 画像
・えひめ丸 ・日昇丸 ・第五三菱合同丸 ・幸吉丸 広・漁丸 ・第十八光洋丸
・水産庁取締船からしま ・第3新生丸 ・福章丸 ・興栄丸 ・鶴藤丸
・第11金山丸 ・生福丸 ・第2悠久丸 ・第37海漁丸 ・漁盛丸 ・第3国秀丸


◆ 防衛省 画像
・海上自衛隊舞鶴基地 画像 ・海上自衛隊横須賀基地 画像

14DDG ・あたご型護衛艦 *イージスシステム搭載の最新鋭ミサイル護衛艦。通称イージス艦。
・JMSDF Atago ・ミサイル防衛 ・傘型危険界
・DDG-177 あたご ・DDG ミサイル護衛艦
・海上自衛隊 第3護衛隊群 第63護衛隊 ・母港舞鶴 ・三菱重工業長崎造船所
・Mk45 Mod4 ・SSM-1B ・HOS302 ・CIWS-1B ・Mk41 VLS ・SM-2MR ・ASROC VLA
・イージスシステム ・Aegis System ・ベースライン7+BMD3.6 ・BaseLine7.1+BMD3.6E
・AN/SPY-1D(V) ・OPS-28D ・Mk99/SPG-62 ・SQS-53C ・OQR-2 ・NOLQ-3 ・Mk137
・MK46光学補助システム ・リンク11 ・リンク16 ・SPQ-9B ・FCS−3
・Sバンドレーダー ・Xバンドレーダー
・90式艦対艦誘導弾 ・ERGM(運用可) ・ESSM
・COGAG 2軸推進 ・ガスタービン 4基

関連 ・イージス艦情報流出事件 ・日米相互防衛援助協定 ・秘密保護法違反
・アメリカ合衆国海軍 ・ハワイ 迎撃実験
・護衛艦しらね 出火 ・潜水艦なだしお ・掃海艇さくしま 接触 ・潜水艦あさしお 衝突
・護衛艦まつゆき 座礁 ・交通船YF2151号 沈没 ・補給艦ましゅう 座礁
・輸送艦くにさき 作業艇衝突 ・掃海艇ゆげしま 接触 ・音響測定船はりま 衝突
・掃海艇もろしま 衝突 ・掃海艇えたじま 衝突 ・潜水艦はるしお 衝突


漁船 ・清徳丸 ・勝浦市川津港 ・新勝浦市漁協 ・マグロ漁 ・三宅島
勝浦漁港
イメージ



横浜開港150周年
検証「開国博Y150」
ATV NEWS
ARSC ATV 調査取材支援センター
24時間生中継・生テレビ「ATV LIVE CAM」
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2  http://asahitelevision.com/
( ATV Asahi Television )  http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center Yokohama
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.