データアーカイブ 防災・減災 (地震・火山・風水害・NEWS・報道・情報 )
i ENG sys
1995- ATV Asahi Television
24時間生テレビ「ATV LIVE CAM」
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
ATV WEB TOP | ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災・減災 | 生中継実証試験 | ATVモバイルネット | N-Net | ATV情報 | にゃんだーランド | ガイド&ヘルプ
   >> ARSC >> 防災・減災
TV1 asahitelevision.com TV2 asahi-tv.ddo.jp


東北地方太平洋沖地震
 (東日本大地震)

原発事故と放射能汚染

防災・減災
◇ 東日本大震災・原子力災害
◇ 防災関連
◇ 新潟県中越沖地震
◇ライブラリ 中越地震写真
新潟県長岡市の崩落現場
小千谷市内の上越線線路
駅間に放置された特急電車
宙に浮いた線路
脱線した上越新幹線とき325号
長岡市郊外のようす
小千谷市のようす
和南津トンネル付近
川口町を迂回して長岡へ
長岡駅、長岡市役所
JR上越線小千谷駅
JR上越線小千谷駅前
建物被害、ブロック損壊
道路被害−No,1−
道路被害−No,2−
土砂崩れの警戒
◇イメージ検索
新潟県中越沖地震
能登半島地震
新潟県中越地震
伊豆半島東方沖地震
宮城県南部地震
福岡県西方沖地震
紀伊半島南東沖地震
2003年十勝沖地震
2001年芸予地震
鳥取県西部地震
鹿児島県北西部地震
兵庫県南部地震
三陸はるか沖地震
北海道東方沖地震
北海道南西沖地震
釧路沖地震
長野県西部地震
日本海中部地震
宮城県沖地震
伊豆半島沖地震
根室半島沖地震
十勝沖地震
えびの地震
松代群発地震
静岡地震
新潟地震
関東大震災
◇新潟県中越地震
   被災地の記録映像

* 上の画像は生テレビ「ATV LIVE CAM」の映像をリアルタイムに静止画像化しています。
5秒で自動更新。
本編生テレビはフル規格のライブストリーミング映像です。
NEWSインデックス
■ 事件
■ 事故・生活安全
■ 経済 index
 ◇ 金融・市場
 ◇ 銀行
 ◇ 自動車産業
 ◇ 電機・電器産業
■ メディア・ニュース・芸能
 ◇ 海外ニュース比較
 ◇ 芸能人タレント一覧
 ◇ 地上波デジタル放送
■ 食品
 ◇ 安全・衛生
 ◇ 健康に関する問題
■ 水 [資源と環境] 
■ 特別会計
 ◇ 独立行政法人
 ◇ 特殊法人
 ◇ 旧特殊法人
■ 裁判
 ◇ 裁判員制度
■ 政治
 ◇ 歴代内閣総理大臣
 ◇ 議員 自由民主党
 ◇ 議員 民主党
 ◇ 議員 公明党
 ◇ 議員 日本共産党
 ◇ 議員 その他
■ 外事・国際
■ 国防・軍事
 ◇日本周辺国・核保有国
 ◇ アジア
 ◇中 東
 ◇大洋州
 ◇ヨーロッパ
 ◇北 米
 ◇中南米
 ◇ アフリカ
 ◇領土・領海
■ 石油
■ 法 ・人権
■ 防災・災害関連
◇ 防災関連
◇ 新潟県中越沖地震
■ ガス爆発事故
■ 不審火・放火・火災
■ 消費生活関連
■ オンブズマン
■ 環境問題 気候変動
>> 情報検索 ニュース比較
ARSC
調査取材支援センター
■ 情報アンテナ
■ ATV LIVE CAM
・いきもの生中継ねこカメラ
・各地を結ぶリレー生中継
■ ATVテレビ ヘルプ
■ ユニバーサル・メディア
■ ATVインフォメーション
ねこカメラ チャンネル情報
・各地を結ぶリレー生中継

生テレビ
 ATV LIVE CAM

電気代節約&節電
ATV 窓断熱パネル


 ■ 防災情報
・北海道 ・青森県 ・岩手県 ・秋田県 ・山形県 ・宮城県 ・福島県 ・栃木県 ・群馬県 ・茨城県
・埼玉県 ・東京都 ・千葉県 ・神奈川県 ・静岡県 ・山梨県 ・長野県 ・新潟県 ・富山県 ・石川県
・福井県 ・岐阜県 ・愛知県 ・三重県 ・滋賀県 ・京都府 ・奈良県 ・大阪府 ・和歌山県 ・兵庫県
・岡山県 ・鳥取県 ・広島県 ・島根県 ・山口県 ・徳島県 ・香川県 ・愛媛県 ・高知県 ・福岡県
・佐賀県 ・長崎県 ・大分県 ・熊本県 ・宮崎県 ・鹿児島県 ・沖縄県


■ 記事・資料ページの登録・更新状況一覧 (新規・追加)

■ 静岡県駿河湾地震 M6.1 平成23年8月01日23時58分頃

2011年8月1日、23時58分ごろ大きな揺れを感知。
震源地は駿河湾(静岡県)、深さ約20km、M6.1、最大震度5弱と気象庁発表。
念のため今後の情報に注意してください。

■ 20110801-201.wmv ■ 20110801-501.wmv


■ 東北地方太平洋沖地震 (東日本大地震)
東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方と御家族のみなさま、謹んでお悔やみ申し上げます。
被災された方々、謹んでお見舞い申し上げます。
いまだ行方のわからない方々が、早くご家族のもとに戻られることをお祈り致します。



2011年3月11日、14時46分ごろ大きな揺れを感知。
震源地は三陸沖、深さ約10km、M8.8、最大震度7と気象庁発表。(後にM9.0に修正。USGSは当初暫定値でM8.9と発表。)
全世界で5番目の規模という。
この地震で大津波が発生。太平洋沿岸に甚大な被害が発生した。
3月18日現在、死者6,911人、行方不明者10,754人、負傷者2,356人。建物被害は、全壊半壊流出数18,584戸、床上床下浸水と一部破損を会わせた数82,146戸。
被災地域は北海道から東北、関東、四国の18都道県に及ぶ。

太平洋沿岸にある東京電力の福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所も被災。
大津波により第一原発の原子炉冷却システムが破壊されて機能喪失。このため核燃料の冷却ができなくなり、炉内燃料と使用済み燃料の発熱、内圧の増大など危険で不安定な状態となる。
津波の破壊で予備電源システムも破壊されたため、ポンプ駆動に必要な電力が得られず、電源車からの給電では足りないため冷却が間に合わず、外部へ放射性物質が漏出。
電源喪失により制御や冷却ができず、水素爆発で原子炉館屋上部を破壊。原子炉上のフロアと貯蔵プール部が露出することに。
原子炉建物内から漏れた放射線は、原子炉棟近くで最大で400ミリシーベルトを検知した。
現場は高い放射線に曝される過酷な状況であり、作業のため長時間とどまることは深刻な放射線被曝につながる。
こうした中、核燃料を冷却し放射能災害を最小にすべく決死の作業にあたる発電所関係技術者と自衛隊、警察、消防の隊員たち。
皆のため、決死で放射能に立ち向かう隊員らの勇気と行動に敬意を表します。
また彼らを送り出した御家族みなさまにも感謝いたします。

本震の瞬間 /3/11 14:46発生地震の映像 (ATV LIVE CAM「ねこカメラ」生中継録画より

■ 霧島山・新燃岳

■ 速報/地震発生 2010年3月16日7時30分ごろ(ねこカメラ生中継録画)

2010年3月16日07時30分ごろ地震がありました。
震源地は千葉県北西部、深さ約70km、M4.4と推定されると気象庁発表。

※ 今回は生中継映像アーカイブからの精密切り出しは都合によりおこないませんでした。
大雑把な切り出しなのでその旨ご了承ください。


■ 速報/地震発生 2010年3月14日17時8分ごろ(ねこカメラ生中継録画)

2010年3月14日17時8分頃地震がありました。
震源地は福島県沖、深さ約40km、M6.6と推定されると気象庁発表。

※ 今回は生中継映像アーカイブからの精密切り出しは都合によりおこないませんでした。
大雑把な切り出しなのでその旨ご了承ください。


■ チリ大地震・津波被害、日本でも /M8.6被災多数、地球自転にも影響
◇ ATV NEWS LIVE チリ大地震関連記事 ◇ ARSC「ニュースヘッドライン・チリ現地詳細」

*世界のニュース調べはこちらへ ・ARSC「ニュースヘッドライン」 *世界を検索は ・ARSC「世界の国々」


■ ハイチでM7規模の大地震が発生。被災多数。

ハイチの首都近傍を震源とする直下型地震が発生し甚大な被害となった。近くをはしる活断層が動いたためとみられている

・ハイチ 地震 JP Haiti Earthquake >>ARSC 世界の国々 >>ARSC 世界のニュースヘッドライン
・現地で検索(Googleハイチ)
>地震 >地震 被害 >ポルトープランス >ジャクメル >ゴナイーヴ >アンシュ >サンマルク >ミラゴアーヌ

お隣の国ドミニカ共和国はどうだったか ・ドミニカ共和国 JP Dominican Earthquake
・現地で検索(Googleドミニカ)
>地震 >地震 被害 >サント・ドミンゴ州 >インデペンデンシア州 >エリアス・ピーニャ州 >バオルコ州 >サン・フアン州
>ペデルナレス州
*赤字は自動翻訳して表示(原文表示にも変えられます)
・アメリカ地質調査所 United States Geological Survey (USGS)
・太平洋津波警報センター Pacific Tsunami Warning Center (PTWC)
・米国海洋大気圏局 National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)

ハイチ救援の日本国先発隊は政府専用機で行ってほしかったが、実際には民間機でアメリカ・マイアミへ。
米国へ訓練のため派遣されていた自衛隊のC130輸送機に乗り換えハイチ入りとなった。
各国の軍用機が飛来し駐機する中、同じような迷彩色の自衛隊C130じゃいまひとつな気がする。
政府専用機の純白の機体色に金と赤のライン。コックピット後ろに黒字で書かれた「日本国 JAPAN」の文字と、遠くからでもはっきりとわかる垂直尾翼に大きな日の丸。
迷彩カラーの軍用機が並ぶ中にこの政府専用機があればとても目立つし印象的だ。
数人の先発調査員に政府専用機をと、コストを気にする者がいるかも知れないが、各国のカメラが回って世界中に配信されるわけだから、ニュース映像の中に急いで駆けつけた日本という事実を他国の人々に示すことができる。
資源の多くを輸入している日本だから他国に与える印象はとても大事だ。
政府専用機の用途に国際緊急援助活動も含まれているので使用に問題はない。
医薬品や食料など地震発生直後から最も必要とされる物資を積んでいけば救命と救援にも役立つ。

それにもかかわらずなぜ出動させなかったのだろうか。政府専用機の活躍にふさわしい使用と思うのだが。
747-400は大型機なので安全な離着陸を行うためには最低でも2,500mから2,750mの滑走路が必要とされている。もちろんペイロードにもよるが。
ハイチのポルトープランス国際空港は3,040mとなっているので離着陸可能ではあるが、地震で路面の破損やうねりなどがあるかもしれないとの考えから飛ばさなかったのかも知れない。
(自衛隊の輸送機は軍用なので悪い路面でも離着陸可能)
また単純に整備や他のスケジュールなどの都合だったのかも知れないが、いずれにしろ災害時の人道支援はレスポンスがとても重要なので、他国に先駆けて一番で到着するぐらいの気概を持っていてほしい。
緊急時にすぐに飛ばせられないようなものなら、なんのための政府専用機だ、ということになる。
政府、鳩山政権が緊急時に速やかかつ的確に判断できる内閣であることを期待するのは困難なことなのかもしれない。


■ 地震発生 2009年12月18日5時41分ごろ (生中継録画)

17日夜(18:45)から伊豆半島東方沖を震源とする地震が頻発する中、翌18日早朝、栃木県南部を震源とする地震が発生した。

 震源地/栃木県南部 震源の深さ/約80km 地震の規模/M5.1


■ 地震発生 2009年12月18日8時45分ごろ (生中継録画)

震源地/伊豆半島東方沖 震源の深さ/ごく浅い 地震の規模/M5.3
最大震度 5弱 (伊東市大原)



■ 記事・資料ページの登録・更新状況一覧 (新規・追加)

■ 地震発生 2009年11月14日4時23分ごろ (生中継録画)

震源:東京湾、深さ約50km、M4.1、最大震度3(気象庁発表)




■ 台風18号
■ 台風18号、8日未明に近畿上陸か、列島縦断もほぼ確実
● 台風18号 (NEWS) ● 海外ニュース ● 国土交通省災害情報
● ニュースヘッドライン ● 都道府県防災情報(ARSC)
○ NASA アメリカ航空宇宙局 MODIS Melor Images

■午前8時、台風18号長野付近を北上中
■本土縦断し宮城県で太平洋へ。海上を北海道沖に向かう。
■8日午後9時現在、北海道襟裳岬の南約210キロの海上に。北海道上陸はないもよう
■竜巻被害/千葉県・九十九里町山武市。茨城県・土浦市龍ケ崎市
強風で飛ばされ電線に引っかかった看板
横浜駅西口(10月8日午前8時50分SK)



■ 速報/地震発生 2009年9月13日22時56分ごろ (生中継録画)

震源:千葉県北西部、深さ約70km、M3.8(気象庁発表)




■ 速報/地震発生 2009年9月8日10時3分ごろ (生中継録画)

震源:千葉県北西部、深さ約50km、M3.9(気象庁発表)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
浅間山噴火(2009/02/02)
横浜市内でも降灰を確認(ATV駐車場にて撮影/横浜市市旭区)

ARSC防災TOP
◇ 火山・噴火関連/ARSC 防災情報検索

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■構造物の老朽化、地震の揺れで被害拡大の恐れも/設計施工の古い初代路線、東海道新幹線の脆弱性
下の画像は東海道新幹線、新横浜−小田原間の盛土区間。
線路など路盤の圧力を受けて、土台の盛り土を固定するコンクリート壁が外側(道路側)にふくらんでいる。
大きな亀裂も複数箇所あり、大きな地震が発生した場合、崩れる恐れもある。
通過列車の危険はもちろん、通行中の人や車も巻き込まれる恐れもあり、早急な対処が必要。
東海道新幹線は用地買収から開業まで、余裕が無く「突貫工事」をおこなった箇所も多く、また設計年度が古く、耐震設計の基準の取り方も現在より甘い部分もあるようです。
また当時の施工技術レベルや、東京オリンピックに間に合わせるため工事を急いだこと、資金や資材面など考えても大きな地震に耐えられるか心配なところがたくさんある。
次期高速新幹線の実用化試験車両「N700系」のテスト走行が始まったが、「足もと」の土台となる構造物を抜きにして高速化だけを目指すことはやめてほしい。
車両を軽量化してもスピードが速くなっては、通過するとき路盤、道床が受ける衝撃力は大きくなる。
通過の度繰り返し受ける振動や衝撃を支えるのは、下のような構造物である。
弱った土台でどこまで地震に耐えられる、と考えるととても恐ろしい。

2005年11月27日午後1時ごろ、JR東海の社員さんが亀裂のチェックに来ました。
改修補強工事に向けた準備の調査ならば良いのですが。



高架橋の構造や橋脚の設計で共振や振幅が大きくなることもある。
列車通過中に揺れた場合、橋脚の破壊は免れても、建設の新しい他の新幹線に比べ脱線、転覆など被害が大きくなる恐れもある。
新潟県中越地震で高架走行中の新幹線が揺れにより脱線した。
この場合、スラブ軌道と排雪溝に車体が挟まったことと、道床がコンクリートで比較的平滑だったため、転覆したり高架から転落することも無く幸いしたが、東海道新幹線は「バラスト道床」。軌道から飛び出すことを防ぐための要素は無い。

道路下をくぐる新幹線。道路には橋桁が落下するのを防止する金具がついているが、土台ごとずれたら落橋は免れない。


アスベストが使われている建物が被災したら大変です。
倒壊や破損の衝撃で粉塵が舞いあがり飛び散る。また復旧のための取り壊しや排除の際、アスベストを考慮して取りかかるか疑問を感じる。
「地震被害の後」に「アスベストによる健康被害」というダブルパンチは避けなければなりません。
災害時の緊急ということで、なんら配慮も考慮も無く重機で取り壊すことは、次の世代を担う大切なこどもたちのためにも慎まなくてはならない。
被災直後は街全体がほこりっぽい。アスベストを通さないフィルターのついたマスクを避難所に保管したり、各家庭に配置するなどの対応は十分だろうか。
予算がないなら各家庭に協力を仰ぐなり、メーカーに頼んで安くしてもらう、それができないなら補助金を出して個人が低い負担額で買えるようにするなど工夫してほしいと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住宅や高層建築の密集した都市部。直下型地震の備えはできているか

建物の密集した都市部の眺め直下型地震の怖さは中越地震で実証されました。
見わたすかぎり建物が連なる東京の町並み。住宅や高層建築の密集した都市部で想定される直下型地震が発生した時の備えはできているのでしょうか。
密集地での火災の怖さは神戸の震災でよくわかりました。
密集地は建物の倒壊などで道路は通行不能となり、消火や救助活動も困難になることが予想されます。
砕けた窓ガラスの破片も脅威となる。高い建物のガラスほど遠くに飛び、落下してくる威力も大きなものとなます。
歩行者の安全対策も重要な課題。
この映像から地震が発生した時のこと、想像してください。今までの教訓を活かして防災意識を高めましょう。
「直下型地震の備えはできているか」
 建物の密集した都市部の眺め
□コンパクトWMV 6.04MB/3分05秒
□高画質WMV 21.9MB/3分05秒
普段でもこんなことがある都市部です
□火災現場へ急行する消防車に
立ちふさがる「傾いた電柱」


地震がきた時の対処と行動
地震がきたら・・・ ■ グラッと来たら、まず落ち着きましょう
■ 冷静になって身の安全を「最優先」に
■ あわてて行動しない
■ 落ち着いて身体を守れる場所や、テーブルの下などに移動しましょう
■ 鍋を使っているときは、すぐに離れましょう。火を消す余裕がないときはコンロの火は考えず、熱湯をかぶ
  らないことに専念しましょう
■ 油を使った調理中も、逃げることを最優先に、やけどの防止に努めましょう
■ 耐震装置付きのコンロなら揺れを感じて自動消火するので、やけど防止だけをまず考えましょう
■ ガス栓閉めるのは揺れが収まってから
■ 落下物や倒れてくる家具などから、身体を守れる安全な場所で揺れの収まるのを待ちましょう 
揺れがおさまったら ■ 揺れがおさまったら、周囲の様子を確認しましょう
■ 暗いときは用意してある懐中電灯を点灯して、明るさを確保しましょう
■ 周囲を確認しましょう。見るだけでなく「音」や「におい」も注意します
■ 火を確認して出火を防ぎましょう
■ ガラスや瀬戸物の破片でケガをしないよう、スニーカーや厚手のスリッパをはいてから移動しましょう
■ 危険な物には近づかない
■ 室内の様子を観察して、ケガなく行動できるか確認しましょう
■ 安全な通り道があるか室内を観察しルートを決めましょう
■ 近くの窓から周囲の様子を確認しましょう。火災が発生していないか確かめましょう
■ 家族の無事を確認します。声に出して名前を呼んだら、返事を聞くためにしばらく静かにします
■ 救助が必要か確かめます
■ 落ち着いて注意しながら屋外へ出る準備をします
■ 防災袋があれば背負います
■ 携帯電話は通話や情報収集だけでなく、懐中電灯としても使えます
■ 近くの出入り口から外に出ますが、飛び出しては危険です。まず扉や窓を開けて足下や上からの落下
  物がないか確認してから外に出ましょう
■ 隣近所の人に声をかけ、無事を確かめ合いましょう
■ お年寄りや身体の不自由な方が住んでいたら救助に手を貸しましょう
■ 家や周囲に差し迫った危険がないとき、テレビやラジオが使えるときは情報を確認しましょう
■ 危険を感じたら指定の避難場所、または安全な開けた場所へ落ち着いて避難しましょう
外出中のとき ■ 外出中、歩いていて地震が発生したら、落下物を避けるため近くの安全そうな建物内に避難しましょう ■ 建物に付いている看板が落ちてくることもあるので建物内へ避難する
■ 建物のタイルやコンクリートパネルがはがれ落ちる危険もあるので、歩道や道路上に立ち止まらず建
  物内へ逃げ込む
■ 建物のガラスは最大の凶器。高い建物ほどガラスの飛散距離は大きく、遠くまで飛んでくる
■ 倒れた電柱や電線には近づかない
■ 揺れがおさまり、一息時間をおいてから次の行動をしましょう
■ 避難場所がわからない初めてのところでは、その場所にある会社の人や住民に尋ね一緒に避難しま
  しょう
■ 火災を出さないことが重要。衝突した車のガソリンや漏れた都市ガスに注意し、引火のきっかけを作ら
  ない
■ パニックを起こさない。パニックが起きている場所にいたら、集団から離れる
■ 携帯電話を持っていたら着メロを聞く
■ 周囲の状況が見える場所へ行き状況を把握する
■ 火災の可能性がある「黒い煙」がないか方向を調べ安全な方向を探す
■ 瓦礫や道路のひび割れ、段差、陥没に注意し、ケガをしないように慎重に歩く
■ 余震のとき逃げこめるよう安全そうな建物を探しながら歩く
■ 音やにおいに注意しながら歩く
■ 都市部では避難路に使える道が限られるので、避難する人で大変混雑する。歩行速度はかなり落ち
  るものと考え行動計画をたてる(初詣やお祭りの人混みを思い出してください)
■ とにかくケガをしない。ケガをすると行動の自由を縛られ、避難にも支障がでる
日頃の備え ■ いつ起きるかわからない地震。日頃の備えが大切です
■ 火災にならないよう火の始末に気を付けましょう
■ いつでも使えるよう消火器の点検忘れずに
■ 消火器は火元近くや取り出しやすい場所に設置
■ 倒れやすい家具は固定しましょう
■ 家の中にエスケープゾーンを作りましょう
■ 床にコップや皿の破片が飛散しないよう、家具扉を固定する(避難の妨げになり、裸足ではケガをして
  行動不能になります。足を怪我すると行動に制約が・・・避難の遅れにもなります)
■ 食器棚など扉にガラスがある家具は飛散防止フィルムを貼ると安全です
■ 足を守るためスニーカーや厚手のスリッパなど、すぐはける場所に用意しましょう
以下作成中
◎土砂崩れの警戒
地震の揺れでできた地表のひび割れや亀裂に警戒してください。
崖や斜面では崩落や土砂崩れの恐れがあります。余震のほか以下のことも作用して崩れることもあります。
・隙間から入った雨水で地盤がゆるみ崩れることがあります。
・寒くなると隙間の水分が凍結し、体積が増えることで隙間を広げ、崩落につながることもあります。
・雪の重みも作用するかもしれません。
地面のひびや隙間、亀裂の観察や注意を怠らず、二次災害の起きないよ警戒してください。
◎路面陥没が心配。道路のアスファルト下に空洞が・・・
地震の揺れでアスファルト下の路盤に空洞部ができている恐れがあります。
表面上アスファルトが損壊や陥没していなければこの空洞部は気がつきにくく、車両の通行や重量のある大型車両が通れるようになったとき、突然陥没する恐れがあります。
◎地震による土砂崩れでできた「天然ダム」。土石流やダム決壊による増水、河川氾濫も発生する危険があります。
◎救援物資を送るときは・・・
善意の救援物資を送るとき、必ず災害対策本部へ。
テレビや新聞で報道されている避難所へ直接物資を送るよりも、対策本部でご確認頂く方が被災者の方の必要としている物品がわかりますし配送もより確実になります。
・救援物資を被災地まで運ぶ際、高速道路の通行料金が免除されます。(免除には物資を送る人の住む市区町村の証明書が必要となります)
新潟県中越地震
長岡市崩落現場
地震の揺れで山体崩落。崩れた土石に走行中の乗用車が巻き込まれた現場。
消防レスキューが生存者を捜索している活動のひとコマ。
救助活動の様子はテレビ各局が現場から生中継し全国へ伝えた。
しかし被災者配慮の足りなさや取材活動のあり方などの問題点も多く、阪神淡路以来変わらぬ状態を露呈した災害であった。

日本をはじめ世界中の人たちが無事を祈った母子3人の救出。
元気な男の子の姿に喜んだ一方、お母さんと女の子を生きて救出することはできませんでした。
この母子をはじめ、震災でお亡くなりになった多くの方々へ、ご冥福をお祈り申し上げます。
また怪我をされた方や心の傷を負った方々、家や土地を失った多くのご家族にお見舞い申し上げます。        
ATV あさひテレビジョン スタッフ一同

ATV あさひテレビジョンは気象庁の新潟県中越地方地震発生を受け、災害取材装備で出動しました。
新潟県中越地震では被災地に迷惑のかからぬよう放送中継車やワゴン車は出動させず、特別なニュース取材仕様の軽自動車で現場入りしました。
被災者救援活動を最優先としているので、邪魔にならぬようコンパクトな車と最小人数、軽装備で取材活動をおこないました。
取材活動中の食糧や飲料水、電源、燃料、その他備品など一切を横浜より持っていきました。現地での食糧や飲料水、物品、燃料などの購入は一切ありません。
もちろん被災者用支給品などは一切受け取っていません。
また避難所へのカメラ取材は一切おこなっておりません。最小限必要な話を聞くだけにとどめました。

◆ライブラリ 新潟県中越地震静止画像

◆新潟県中越地震/被災地の記録映像



この「防災チャンネル」は、ATVあさひテレビジョンが過去の災害を風化させないよう設けたものです。
またこれまでのATV災害報道取材や、災害現場取材から得られたことを活かし、必ず発生するであろう次の災害に教訓を残し、工夫や改善を促す一助となるよう弊社サイトで公開しています。
災害で失われる人命がゼロとなるよう、また被害の軽減や間接被害の予防につながるよう、都市部などの弱点や盲点を調査取材し、得られた情報を公表しています。
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2  http://asahitelevision.com/
( ATV Asahi Television )  http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center Yokohama
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.