ATV LIVE CAM /生中継視聴&操作ヘルプ
1995- ATV Asahi Television
i ENG sys
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
TV1 asahitelevision.com TV2 asahi-tv.ddo.jp
 ATV WEB TOP >>ヘルプ&ガイド >>個別情報 ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
■ 新規公開・アップデート履歴一覧
■ 生テレビ関連ヘルプ
◇ アクセス早わかり
ATV WEBトップから
生テレビ トップから
リモコン パネルから
デュアルモード
シングルモード
AMCプレーヤー
プレーヤー直
ケータイで見る
静止画モニター
ボタン表示
WVX-URL一覧
MMS-URL一覧

◇ ガイド・ヘルプ一覧
ガイドメニュー
操作ヘルプメニュー
チャンネル・ルート
応用情報
ヘルプメニュー
ダウンロード
■ 生テレビチャンネル情報

いきもの24時間生中継
 「ねこカメラ」
各地を結ぶリレー生中継
 (社会実験チャンネル)
* 上の画像は生テレビ「ATV LIVE CAM」の生中継映像をリアルタイムに静止画像化したものです。
本編生テレビはフル規格のライブストリーミング映像です。 ヘルプガイド
この窓内の表示パネルは自動更新しない仕様です。
最新の現在映像を確認するには上部の
更新をクリックしてください。
ねこカメラ チャンネル情報
・各地を結ぶリレー生中継

■ 困った現象についての解説&解決法

◆ 生映像がカクカクする
生テレビを視聴中コマ送り的な「カクカク映像」になることがあります。
考えられる原因はいくつかあります。
 ・キャッシュ
 ・パフォーマンス
 ・お使いの回線容量
 ・チャンネルの混雑
 ・経路混雑



 ◇キャッシュ

同じチャンネルを長時間連続して見続けると「カクカク」する場合があります。
キャッシュの蓄積に起因するものと思われます。これはお使いのPC(OSなど)の仕様なので回避できません。

 ・解決法
・チャンネルを一旦他に変えまた戻す(リフレッシュ)
・プレーヤーを閉じて再起動する

デュアルモードやシングルモードのパネルをご利用の場合、チャンネルボタンを押すとリフレッシュと同等になります。
新しい内蔵パネルで読み込みチャンネルも再接続扱いとなるためお使いのPCを騙せます。
プレーヤーなら再接続、それでもダメならプレーヤー自体再起動すれば解決できます。

こうした同一チャンネル連続視聴の仕様問題を回避するため「リレー生中継」ではチャンネル切替方式にしています。
ねこカメラも「チャンネルボタン」や「再起動リンク」も同様で、利便性だけでなく回避の意味もあり設けています。



 ◇パフォーマンス

お使いのPCのパフォーマンスにより影響を受ける場合があります。
ディスプレイに表示する能力の半分以下しかパワーを使っていなければ、スムーズな表示ができます。
能力に余裕がなければコマ落ちの可能性が高まります。
例えばデュアルモードで2カメラ表示しているところに、PCパワーの必要な他の作業を同時におこなうとか、動画サイトで解像度の大きなビデオを同時に視聴する、等という場合に発生します。

 ・解決法
PCの能力を高めるか、余力が無くなるまで使い切らない。
そうは言っても優先順位もあるでしょうから、静止画像モニターを使うと言う方法もあります。
パワーの食われる使い方の時はディスクトップパネル(一覧モニター)を。余裕があるときは映像でという使い方で回避する事もできます。

映像表示でパワーのキーになるのは映像の解像度。
小さい画面サイズなら小パワーですが大きいサイズだと表示にパワーが食われます。
だからATV生テレビは基準320×240にしているわけです。倍のサイズだと負荷が大きくなってしまいますから。

それでも大きく見たいと言う場合はディスプレイの設定で「画面の解像度」を下げる方法もあります。
800×600にすれば見かけ上大きくなります。

プレーヤーサイドの200%拡大。
見かけ上640×480サイズになりますが、パワーの消費は基準640×480の場合より少なく済みます。
全画面の場合はそれなりに消費します。しかし基準が320×240の解像度なのでたかが知れています。
エンベッドでサイズ指定することも同様の効果があります。

ハードは「メモリー」「ビデオカード」「CPU」が関連します。

*変なソフトが知らない間に裏で動いていないかチェックするのも必要です。



 ◇お使いの回線容量

ATVの生テレビは配信レート「200〜250Kbps」の間です。
仮に200Kbpsとした場合、2カメラ同時表示で400Kbps。
お使いのプロバイダ、何メガで契約されているかわかりませんが、ADSL1M程度なら下り実効速度700K位でしょうか。
他のストリーミングやダウンロードを同時におこなえば許容量越える可能性があります。
許容量越えはできませんから、信号の間引きやどれかのレートを下げる、遅延などの処理をお使いのPCがおこなうでしょう。

 ・解決法
回線容量を超えない使い方をするか、または容量を増やす。
またはシングルモードやプレーヤー単体で見て、ディスクトップパネル(一覧モニター)全体把握と言う方法もあります。

ATVでは通常の使い方、ADSL1.5M程度でも問題なく2カメラ同時視聴できるようあえてレート抑えめで配信しています。
ATVの自己チェックの他、一般の方の視聴者モニターも、ADSL1.5M環境で動画サイト併用でも問題なく視聴できると言う報告があります。
フラッシュ動画はストリーミングと言ってもダウンロードなのでこちらを落としているのかもしれません。



 ◇チャンネルの混雑

チャンネルにアクセスが集中しサーバの出口混雑が発生するとコマ落ちの可能性が出ます。
しかしこうした現象を回避するためサーバにはチャンネル毎にアクセス上限数を設定してあり、ピークの手前で規制値に引っかかるようにしてあります。
しかし接続要求が同時期にあまりにも集中すると、その要求パケットで回線容量が食われたり、サーバ処理にパワーを持って行かれたりする事も考えられます。
そのため負荷分散をおこなっていますが、混雑かなと思われる場合は「救済チャンネル」をお試し下さい。



 ◇経路混雑
ATVサーバから視聴者PCに至るまでの、インターネット回線のどこかに生じた混雑の影響を受けていることも考えられます。

 ・解決法
ありません。
もしも混雑が頻繁ならプロバイダを変えるとかの方法しか思いつきません。バックボーンの問題や会員数設定などボトルネックはネット側なのでATVではどうにもなりません。



◆映像が反転する。または色むらが出る

 ・解決法
Windows Media Playerの設定変更で解決できます。
デュアルモードやシングルモードでご覧になられていてもベースはWindows Media Playerなのでこの方法で解決できます。

プレーヤーを開いたら
「ツール」→「オプション」→「パフォーマンス」内の「ビデオ アクセラレータ」にある「詳細」をクリックします。
「ビデオ アクセラレータの設定」を開いたら「ビデオ アクセラレータ」項にある「ビデオミキシングレンダラを使う」の「オーバーレイを使う」「高画質モードを使う」のチェックをいじってください。
お使いのPCの状況によりどれが最適かわかりません。
チェックを変えることで反転や色むらの問題が解決できます。




■ 24時間生中継・生テレビ 「ATV LIVE CAM」 ■ ATV NEWS ■ ATVあさひテレビジョン インフォメーション ■ ガイド&ヘルプ
リアルタイム伝送(テレビ・動画・ラジオ・静止画・データ)
・ATV LIVE CAM画像掲示板(インタラクティブ)
・ATV LIVE CAM 生中継管制センター
・防災チャンネル
・情報検索アンテナ
・ARSC 調査取材支援センター
■ にゃんだーランド子猫3姉弟
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.