データアーカイブ R
i ENG sys
1995- ATV Asahi Television
24時間生テレビ「ATV LIVE CAM」
検索結果比較・サーチエンジン選択・検証
ATV WEB TOP | ARSC | NEWS | 生中継管制センター | 防災・減災 | 生中継実証試験 | ATVモバイルネット | N-Net | ATV情報 | にゃんだーランド | ガイド&ヘルプ
   >> ARSC
TV1 asahitelevision.com TV2 asahi-tv.ddo.jp

■ 地勢 .JP Terrain Topography

◇ リモートセンシング .JP Remote Sensing

・グーグルアース JP Google Earth 起動

・地図 JP Atlas ・マップ JP Map
・excite ・Google .JP ・goo ・Live Search ・Yahoo

・国土画像情報 ・国土変遷アーカイブ ・オルソ化空中写真 ・国土地理院
・航空写真画像 ・地図センター ・海上保安庁海洋情報部 ・斜め写真

・リモートセンシング ・地球観測研究セ ・農業環境技術研究所 資源環境観測解析センター





◇ 宇宙航空研究開発機構 JP JAXA Japan Aerospace Exploration Agency
・陸域観測技術衛星 だいち JP ALOS Advanced Land Observing Satellite
・地球資源衛星 ふよう JP JERS-1 Japanese Earth Resources Satellite-1

◇ 宇宙開発事業団 JP NASDA National Space Development Agency of Japan

◇ 欧州宇宙機関 JP ESA European Space Agency

◇ アメリカ国立航空宇宙局 JP NASA National Aeronautics and Space Administration
・エイムズ研究センター JP ARC 英訳 ・ゴダード宇宙飛行センター JP GSFC 英訳
・ジェット推進研究所 JP JPL 英訳
・ランドサット JP LANDSAT ・Terra JP
・イコノス JP IKONOS

◇ 米国海洋大気庁 JP NOAA National Oceanic and Atmospheric Administration
・米国海洋水産局 JP 英訳 ・米国海洋局 JP 英訳
・米国気象局 JP 英訳 ・米国環境衛星データ 情報局 JP 英訳
・米国海洋学データセンター JP 英訳 ・米国気候データセンター JP 英訳
・米国地球物理学データセンター JP 英訳 ・米国沿岸データ開発センター JP 英訳
・国立ヴァーチャルデータセンター JP 英訳 ・NOAA中央図書館 JP 英訳
・海洋大気研究所 JP 英訳 ・Alaska Satellite Facility
◇ アメリカ地質調査所 JP USGS United States Geological Survey
・EROSデータセンター JP 英訳 ・Orthorectified Landsat data

◇ 米国国家地球空間情報局 JP NGA National Geospatial-Intelligence Agency
◇ 国家偵察局 JP NRO National Reconnaissance Office
◇ 北アメリカ航空宇宙防衛司令部 JP NORAD North American Aerospace Defense Command
◇ 米国陸軍建設工学研究所 JP USACE United States Army Corps of Engineers

◇ ブラジル国立宇宙研究所 JP INPE 英訳
◇ Purdue University ◇ Delft University of Technology ◇ Technical University of Berlin
◇ University of Gottingen ◇ University of Maryland

・ITT ・ERDAS ・PCI ・OpenEV_FW ・Hyperspectral ・Interferometric
・Polarimetric ・SAR ・InterferometricSAR ・PolarimetricSAR ・PolinSAR ・PolSARpro ・MicroImages
・AIRSAR ・GRASS Development Team ・Integrated Land and Water Information System
・International Institute for Geo-Information Science and Earth Observation ・Global Land Cover Facility
・標高データ ・DEM ・UTM投影法 ・MicroMSI ・IDL Virtual Machine
・H/A/Alpha Classification ・Change Detection ・MultiSpec


衛星写真・航空写真をオンラインで調べる際に有効です。
地勢や地形の把握・確認ができます。現地へ行かずとも予備的調査が行えます。

応用例では、ネット通販やオークションなどで相手のショップや会社の所在を確認することもできます。
建物や周囲の状況などからある程度の判断ができる場合もあり、なりすましや詐欺など万一の事態を回避することも可能になります。
また不動産物件の確認や周辺環境などを知ることにも使えます。陰の具合で日当たりも知ることができます。
お店や会社などのビジネス面では商圏や立地条件の確認などにも利用できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・海外を知るとき(国内でも使えますが)
衛星や空中の画像を見るとき、頭の中で色の校正のことを考えて見るようにします。
元色がなにかを知っておくことも重要です。同じ場所を地上から写した写真やビデオと見比べ参考にします。
ホームページやYouTubeなどの写真や動画も参考になります。色や形状、配置、樹木の種類や植わり方、地面の質、傾斜、高低、広がりなども見て、衛星からどう見えるかを考えましょう。

その国の傾向を見つけておきましょう。設計・配置・工作など共通部分がみえるものもあります。文化や国民性なども絡んでいるのでしょう。民間と政府・軍関係の違いも当然見られます。

大きさを知るには普遍的でデータの公表されている物、しかもその数値がさして重要でないと思われている物を「物差し」に使うと良いでしょう。
例えば鉄道の車両です。日本の狭軌車両なら1両20m、レール幅1.067mm。国内なら何線がどんな大きさの車両でゲージが何mmかわかるでしょう。
一方軍艦を物差しに使うとしたらどうでしょう。公表されている大きさの数字、本当に正しい数字が出されていると言い切れるでしょうか。
それを物差しに使ったとしたら、実際と異なる誤った数値になってしまいます。
誰もがさほどに重要と考えない、神経質にならないごく当たり前の物体で、大きさの誤差が少ないものを物差しに選びましょう。
(なぜ物差しにこだわるのか、って。例えば、石油タンクの大きさがわかるということは・・・)

人間の活動した場所には必ず痕跡がのこります。
地面の形、土の色、足跡や轍など。人為的ななにかが見て取れる場合が多いです。
期間が長ければなおのことです。長期・高頻度ならより深く刻まれるのは当たり前のことです。
轍の幅や深さで交通量や通過車両の重量も推測できます。
周辺の事業状況や車両置き場、燃料貯蔵タンク、パイプライン、送電線なども見ればより裏付けが得られやすくなります。

人の活動にエネルギーが必要です。
送電線、燃料の設備をチェックしましょう。(高圧送電線は木を切りますから見つけやすいですよ)
大電力の必要な建物(業種)があれば、それに見合った電力線がはしってます。(地下に埋めて隠してあれば別ですが)
ガイシ見て見当をつけることもできます。送電線の支柱や鉄塔の高さ形状、トランスの種類、大きさなども判断材料です。

道路の作りやRにも注意して見ましょう。舗装・非舗装、道幅、角度、内輪差部の角の取り具合などにも目を配りましょう。

人の活動に廃棄物はつきものです。
廃棄物関係の施設のほか埋め立てなどの処分地、収集車、集積場なども見ましょう。

人はもちろん動植物に水は必要です。水もよく見ましょう。
水と言えば水の流れた痕跡と地形もよく見ましょう。例えば洪水の有無などで農業を推し量ることもできます。これは経済や国家体制などにもつながります。

農業といえば田畑も重要です。形のほか作付け面積や作物の種類、作り方や運営なども見ましょう。
付近に集積所や貯蔵倉庫などの施設が有るか無いか、大きさの程度がどうか、道路の具合、農家の住宅規模や生活水準など見所がいろいろあります。

調査対象のことをいろいろ知っておくと便利です。
気候や風土、政治、経済、生活、習慣、人間性など、知っていることが多ければ多いほど判断する際の助けになります。





東北地方太平洋沖地震
 (東日本大地震)

原発事故と放射能汚染


関係者のみ入れます
■ ARSCフロント
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター
■ ATVインフォメーション
■ ガイド&ヘルプ
■ ATV LIVE CAM
■ 検索比較
■ ページ更新情報


ARSC 調査取材支援センター ■ 調べを支援「ATV RSC」
国別のNEWS・情報収集は・・・ ■ ARSC 世界の国々 ■ 世界のグーグル一覧 ■ 世界のヤフー一覧 ■ 世界のMSN一覧
■ 経済 >> 日本を中心に世界の現状も把握。分析で経済・社会・ビジネスの舵取りに役立てる
◇ 世界の主な国々をニュースという切り口で見る  ◇ アメリカ合衆国  ◇ 中華人民共和国
◇ 都道府県で見る 【財政・税収・歳出・起債制限比率・議会・雇用】 ◇ 小売業 【 百貨店・コンビニ・スーパー(チラシ・クーポン) 】
■ 海上補給路 日本経済と暮らしに重要な資源輸送ルート
■ 地域情報検索 >> 神奈川県と各市区町村 ■ 地勢・リモートセンシング 【衛星画像・航空写真】
■ ARSC 防災情報検索
◇ 火山・噴火関連
■ メディア 【新聞・通信社・テレビ(NHK・民放キー局・地方局)・海外メディア 】

ATV NEWS ■ 事件 ■ 事故
■ NEWS LIVE 経済(入口) ◇ 自動車産業 ◇ 電機・電器産業 ・・・より深くの調べはARSCもあわせてご利用ください
■ 政治 ■ 日本周辺国及び核兵器保有国 ◇ 領土・領海 ◇ オンブズマン ■ 特別会計 ◇ 公正取引委員会
■ エネルギー ■ 健康に関する問題 ■ 安全・衛生
■ 食 【 食料・食品 】 ◇小麦 ◇ 大豆 ◇ トウモロコシ ◇ 米 ■ 水[資源と環境] ■ 更新状況・最新アップデート履歴一覧


・自ら動く 「自動」のすすめ  ・先手も自衛も知るから始まる 「 ARSC 」  「 NEWS Live 」



国民が議論することは大切なとことです。
諸外国だけでなく国民の代表つまり議員に国民が何を思い考えているか伝わることも重要です。

*おことわり 日本に関するものは原則当ホームページでオンライン公開はいたしません。
インターネットは誰が閲覧するかわかりません。
他国に利する情報を載せるわけにはまいりませんのでその旨ご理解ください。

画像クリックで1024×667
 ◎ NK
 ◎ NK



CN

◎ CN



関係者のみ入れます
■ ARSCフロント
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター
■ ATVインフォメーション
■ ガイド&ヘルプ
■ ATV LIVE CAM
■ 検索比較
■ ページ更新情報

* 情報検索にはGoogleを用いています。これは定点観測の意味もあります。マスコミ情報の比較検証も兼ねます。
この検索サイトを使いたくない方は、キーワードをコピーして「検索 比較」で好みのサイトをお選びください。
* 検索サイトドメインの違いには以下のような特徴があります。
.com 日本フィルターはかかりにくい反面、小事の抜けはあり得ます。(人為フィルターは回避不能)
.co.jp フィルター適用なれど小事も拾える。しかしメディアやスポンサーなどの影響を受ける可能性があります。
* 「GoogleNEWS」ページは便利ですが、すべてのあった出来事をそのまま載せているとは限りません。「WEB検索」も併用することをおすすめします。
* なぜGoogleを使うか。
1. 国別サーバーの数が圧倒的で海外の実状も掌握しやすい。世界・経済はたらいの水と同じです。先手も自衛も知るから始まります。
 (ARSCの検索サイト総覧。数と世界の網羅具合がわかります。軽視できない存在です。 Google MSN Yahoo
海外の状況を知るには・・・
基本 現地の人視点→「現地言語+現地サーバー」
 その国の体制や実状などによって下記のように変える。
言論・表現の自由に制限がある国 外国人視点に変える→「英語または統治・関係国言語+現地サーバー」
それでも薄い場合 「英語または統治・関係国言語+統治・関係国サーバー」.または「comサーバー」
2. 一見プロバイダや独自検索サイトに見えて実はGoogleのシステムとデータを利用しているサイトが多くあります。
いろいろな影響がありますので注視にもなります。
たとえばBIGLOBE。サーチはGoogle利用。このように見た目関係なさそうな企業のサイトでも中身がGoogleというものがあります。
故に本体の考え方や動きに注意を払う必要があります。

ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.