ATV WEB TOP >>ATV広報 >> 生中継管制センター >> ストリーミングを動画ファイルにする ARSC | NEWS | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
■ 更新状況・履歴一覧 検索結果比較・サーチエンジン選択・検証

生中継管制センター メニュー
■ 管制センター スタート
■ ATVの生中継とは
■ リアルタイム技術の応用
■ ユニバーサルな配信
■ ストリーミングを動画にする
■ チャンネルについて
■ チャンネルの割当
■ 生中継の管制とは
■ PC発エンコーダ送信生中継
■ 番組放送形態と必要機材
■ なぜ生中継?
■ 生中継全体図・概略図

関係者のみ入れます
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター フロア
■ ARSC フロント

1995-
ATV Asahi Television
AITEC-U
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV広報インフォメーション
■ ATV調査取材支援センター
■ テレビヘルプ
■ ATV LIVE CAM
TV1 asahitelevision.com
TV2 asahi-tv.ddo.jp

6月2日は開港記念日
横浜開港150周年web
2009年6月2日

■ ストリーミングを動画ファイルにする


多くの人々にリアルタイムに現状を伝えることは、その時のまさに「今」を伝えられることに意味があります。
「今を知る」と言うことは共有につながるからです。

反面、生中継のリアルタイムはまさしく「生」であるため、その瞬間はすぐに過去となり同じシーンを何度も繰り返し視聴することなどはできません。

そこでATVの生テレビ「ATV LIVE CAM」には生中継のストリーム信号を同時に録画・録音してデジタルデータにするシステム「生中継アーカイブシステム」があります。

これで生中継・ライブ放送に特有の「見逃し」を解消するとともに、接触率を向上させる「二次利用」を可能にするなど、インターネットのメリットを最大限活かすことができるシステムになっています。

◆ ATV LIVE CAMフィールド生中継システムの全体概略図

◆ 生中継アーカイブシステム部の概略
生テレビをリアルタイムに同期録画するシステムのことで「生中継アーカイブシステム」は通称。
正式名称は「ATV生中継ストリーミング映像録画システム」です。


ATV生テレビは放送信号を即時受信して再生表示するためビデオのようなデータファイルがありません。
テレビ放送の生番組と同様の形態なので当然見逃しも発生します。
録画し一般のビデオと同じ形態にすれば視聴機会が増え見逃した中継もいつでも確認することができる。
いわばテレビの再放送と同じです。
テレビと異なるところは再放送日時が限定されず、何回でも好きなだけ見ることができるということ。
これが「VOD」ビデオオンデマウンドです。

・このシステムを利用した付加機能
データファイル化するのでATV WEBだけでなく他のサイトや動画投稿共有サイトなどでも活用できるなど、利用範囲が拡大するメリットもありまする。

情報発信者の立場で考えると、生中継発信時の「1エンコード」で、WEB用途向けビデオが作成できることになり、わざわざビデオ製作を頼まなくて済むということです。



◇信号分岐部について

はじめに信号受信システムにある受信サーバーで生中継信号(*)を受信します。
このとき制御部で信号を分岐し「VOD録画システム」に映像を送ります。
分岐 処理
制御部 静止画像変換システム 配信サーバー
カメラの
生映像
受信サーバー
生テレビ用映像 PC等の視聴者アクセス
携帯利用者アクセス
VOD録画システム
ビデオデータ化 情報端末機器などへプッシュ送出
(*) 生中継信号の主な種類 ・テレビ 映像+音声 ・ライブカメラ 映像のみ
・ラジオ 音声信号のみ ・データ 静止画像などのデータのみ


VOD録画システムで処理した生中継信号はビデオデータとなり、通常の動画ファイルや音声ファイルと同様の扱いが可能になります。
ビデオデータは蓄積サーバーに送られリアルタイムに保管されます。
担当者のチェックを受けたビデオデータは用途によってそれぞれの使用場所に送ります。

制御部
信号分岐 ダウンロード用
VOD録画システム ビデオ
データ化
一時保管
蓄積サーバー
チェック 公開登録 配信サーバー
保管 一定期間
データサーバー
以降
HDD・DVD



ATVの生中継・リアルタイムの映像は「その時だけ」では終わらない工夫があります。(アーカイブシステム)
接触率を上げる二次利用が可能です。
例えば生中継した映像は管制センターで受信と同時に録画します。

録画したデータは
1. ATV内のサーバーでアーカイブ(オンデマウンド形式の再放送) 
2. 発信者自らのサイトで中継録画を見られるようにする(ATVのサーバーから録画データをダウンロード)
3. YouTubeなどに代表される動画投稿サイトなども利用する

1回の生中継だけでは終わらないのがATVシステムです。映像や音声などの接触機会を多くすることを考えて設計運用しています。
連携の例: 定点カメラがとらえた地震発生時の様子(ねこカメラ) ・ATV WEB内の映像
・YouTubeでの表示


ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.