ATV WEB TOP >>ATV広報 >> 生中継管制センター >> なぜ生中継? ARSC | NEWS | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
■ 更新状況・履歴一覧 検索結果比較・サーチエンジン選択・検証

生中継管制センター メニュー
■ 管制センター スタート
■ ATVの生中継とは
■ リアルタイム技術の応用
■ ユニバーサルな配信
■ ストリーミングを動画にする
■ チャンネルについて
■ チャンネルの割当
■ 生中継の管制とは
■ PC発エンコーダ送信生中継
■ 番組放送形態と必要機材
■ なぜ生中継?
■ 生中継全体図・概略図

関係者のみ入れます
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター フロア
■ ARSC フロント

1995-
ATV Asahi Television
AITEC-U
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV広報インフォメーション
■ ATV調査取材支援センター
■ テレビヘルプ
■ ATV LIVE CAM
TV1 asahitelevision.com
TV2 asahi-tv.ddo.jp

6月2日は開港記念日
横浜開港150周年web
2009年6月2日


 ■ なぜ生中継?

1. WEBだけだと限界あります。SEOってご存じですか。アクセスされなければ存在しないことと同じです。(とGoogle役員が公言してます)
あなたのWEB、1日どのぐらいアクセスがあるか把握してますか。ログチェックしてますか。滞在時間気にしてますか。
所謂「お客様満足度」ですね。

視聴者(ネットユーザー=国民)が重要視しているのは今の情報、まさしくリアルタイムです。
例えばビジネス分野で言えば・・・
スーパーの見切り品、どうお客様に伝えたら良いか想像してください。
店主のあなた、売れ残りは出したくない。品物悪くないから消費者にとってもお得。しかしあなたのWEBを皆が知っているわけではありませんし、値下げのタイミング、予測できますか。
ビジネスに限らず様々な分野で役に立つのが即時性のある情報なのです。今のような厳しい時代ならなおさらです
2. ATVの生テレビはユニバーサルメディアだからです。
普通はパソコン中心に配信でしょう。ATVはパソコンはもちろん携帯電話やテレビモニターなど多様な媒体に出力。ネットワークの強みを最大限引き出せるからです。
街頭情報モニターや店内テレビのほか電波を使った狭域テレビ放送などパソコン以外のメディア活用で露出が増えます。
また映像は言語の違いも乗り越えられます。国際放送が可能なことで便乗者の海外戦略にもメリットが見いだせるでしょう。
同時通訳もあるのでリアルタイムをそのまま海外にも適用できます。
ネットワークテレビというローカル域の限定テレビジョンシステムもあります。
映像規格が国際標準なので動画共有サイトとの併用などもスムーズです。



SEOに関する簡単な解説 >>サーチエンジン対策に関する情報はこちらへ

興味のないキーワードは打たないので、広く知っていただくにはテレビのような「目に入ってくる」「耳に入ってくる」状態が理想的です。
検索結果の表示順位が低い場合も見逃される確率が高くなります。
ふつう4ページか、多くても10ページ位が限度でしょうか。それ以降の検索結果を見ることはまずないでしょう。
だからお金払ってでも「順位を上げる」つまり「なるべく先頭に表示されるよう努力する」と言うことになるわけです。

実はSEO(サーチエンジン対策)にもATVは有効です。
Googleなどのサイトはランクの高さが重要です。貴サイトの表示順位が低ければ高いところとつきあうことでご自身のWEBも優位になります。
ランクの高そうなところは・・・と想像してすぐに頭に浮かぶのは有名な「サーチエンジン」や「リンク集」でしょう。
このような有名サイトに登録してあるということは、もちろん考慮はされます。しかしさほど重要視はされないようです。
なぜなら掲載されて当たり前だからです。誰でも登録できるリンク集ですから。自薦ですし。

日常でも同じこと。利用者の多い会社なら人の話題になる機会も多くあちらこちらで人の口に上る。
自薦と他薦、どちらが重いですが。それと同じです。
ホームページやブログ、掲示板で書かれることが多いサイトは、人々から注目されたり話題性があると検索エンジンが判断して表示順位が上がっていく仕組みですから。口コミを重要視しているということです。
そういうサイトと相互リンクすれば貴サイトの表示順位に好影響があります。


* ちなみにATV WEBの場合、10年以上運用していますが、今日まで宣伝したこと1回もありません。
リンク登録も検証に必要な最低限だけです。それなのになぜかかなりの高順位です。
なぜだかは聡明なみなさまにはもうおわかりですね。


実例
キーワードがピンポイントでない普遍的な誰でも使いそうなワードで調べことが大事です。

たとえば「経済 自動車」というキーワードで検索してみましょう。

2008年12月1日時点で「13,500,000 ページ中の31番目」にATV Newsのページがヒットしました。強豪ひしめく競争激しいワードの分野で、この総数で31番目なら善戦でしょう。
もちろん表示順位は時々刻々と変化します。
2008年11月26日の時点では「12,300,000 ページ中の25番目」でした。

金融危機の関係で自動車産業関係の報道が増えたためでしょう。
上のように全体数が「13,500,000 ページ」に増えました。
このようにサイトの力関係だけでなく、様々な要因で順位が変動することをご理解いただけたことと思います。

久しぶりに確認しましたところ、「22,900,000 ページ中の9番目」でした。
確認日は「2010年3月5日」です。
全体数も22,900,000と大幅な増加にもかかわらず9番目とは、SEO的に言うとなかなかすごい事だと思いますよ。強豪ひしめく中での9番ですから。
 ※右画像をクリックすると原寸大キャプチャ画像を別ウインドウで開いて見ることができます。

今はどうなっているでしょう。「経済 自動車」をクリックするとGoogleの検索結果画面が開きます。
嘘偽りのないことがご自身の目で確認できます。
もちろん順位は日々変動しますので、右画像と同じ順位かどうかはわかりません。


2010年3月6日に再度見たら2位でした。
このように変動するものなのです。

2010年3月9日1100現在では  「84,600,000 ページ中の2番目」 でした。

急に総数が増えましたね。クローラーのピックアップや処理が変わって細かいのまで拾うようになったのでしょうね。
今どうなっているかは「経済 自動車」をクリック。Googleの検索結果画面が開きます。

なぜ無宣伝か・・・
それは報道の観点からインターネットや検索サイトの仕組みを理解し把握するためです。
解明することでよりよい使い方も提案できますし、なにより情報を特定の団体などに握られるため、それらの行動や考えを注視する必要もあるからです。
それがユーザー=国民にとっても日本国にとっても大変重要であり知ることが有益だからです。
だから90年代から長い時間をかけて大変な手間と労力とコストをかけてATV WEBを運用しているのです。

分析にリンク登録などの宣伝は邪魔になります。
水面の波紋とその伝わり方広がり方を調べるとき、できれば始まりの一石は少ない方がトレースしやすい。
リンク登録をたくさんしてWEBを宣伝すると言うことは、土砂降りの雨の時の水面を観察するようなもの。波紋ありすぎて分析できません。

分析には

1.アクセスの非常に多いサイトを所有すること
2.自己宣伝はしないこと
3.設備を自己所有すること

1.と2.は通常相反する条件です。普通のサイト管理者なら宣伝しないことなど考えられないことです。
この三つが条件が揃うといろいろわかります。当然SEOにも詳しくなります。
なにしろ日々・長年の実際に検証した結果を持っているのですから。

ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.