ATV WEB TOP >>ATV広報 >> 生中継管制センター >> PC発エンコーダ送信生中継 ARSC | NEWS | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
■ 更新状況・履歴一覧 検索結果比較・サーチエンジン選択・検証

生中継管制センター メニュー
■ 管制センター スタート
■ ATVの生中継とは
■ リアルタイム技術の応用
■ ユニバーサルな配信
■ ストリーミングを動画にする
■ チャンネルについて
■ チャンネルの割当
■ 生中継の管制とは
■ PC発エンコーダ送信生中継
■ 番組放送形態と必要機材
■ なぜ生中継?
■ 生中継全体図・概略図

関係者のみ入れます
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター フロア
■ ARSC フロント

1995-
ATV Asahi Television
AITEC-U
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV広報インフォメーション
■ ATV調査取材支援センター
■ テレビヘルプ
■ ATV LIVE CAM
TV1 asahitelevision.com
TV2 asahi-tv.ddo.jp

6月2日は開港記念日
横浜開港150周年web
2009年6月2日


 ■ パソコン(PC)発エンコーダ送信による生中継

カメラやマイクからの信号はATVにある受信サーバーが受け取ります。
中継先の送出者が発信する信号は「IPアドレス」や「ドメイン」で識別できるシステムにしてあります。

これは中継相手との回線接続が「インターネット」でできることを意味します。
つまり「誰でも」ということで相手を選びません。
送り手に特別な回線やシステムは必要ありません。
「カメラ」(*1)と「パソコン」(*2)に「エンコーダー」(*3)、この三つがあれば中継にのれるということです。

誰でも接続できることが大事なのです。
ごく普通の市販パソコンと、無料で誰でも入手できるエンコーダーが使えるよう受信システムを作ってあります。
特別な装置が必要ないので設備投資もいりません。既存のパソコンで中継に参加できることが重要なのです。



(*1) カメラは市販のホームビデオカメラでもUSBカメラ(ネットワークカメラを含む)でも何でも良いです。
普通の市販パソコンに接続できるカメラなら何でもOKです。
テレビの生中継なら「カメラ+マイク」を、ラジオなら「マイク」をパソコンに接続します。

(*2) Microsoft 「Windows Media エンコーダ 9シリーズ」が使えるパソコンなら年式やOSを問いません。

(*3) エンコーダーとはカメラやマイクの映像信号や音声信号をパソコンなどの通信規格に変換するためのソフトです。
国を問わず誰でもATVシステムに生中継信号を送れるよう、Microsoft社製の「Windows Media エンコーダ 9シリーズ」が使えるようになっています。
Windows Media エンコーダは無料で使えます。(ダウンロードについてはこちらへ


IPアドレスとドメインで識別できるということは、インターネットにつながる回線がある場所ならどこからでもATVに向けて信号を送れると言うことです。
日本国内はもとより、世界のどこからでも、南極大陸の基地でも、国際宇宙ステーション(ISS)でも、宇宙空間を飛行中のスペースシャトルからでも中継を確立することができると言うことです。(実はNASAテレビも基本的にATVと同じシステムで放送しています)
しかも接続はインターネットです。通信料金は定額なので安価です。
お店や会社などのビジネス利用者にとっても、金融危機に端を発した経済収縮と不景気なご時世ですから通信費無料はうれしいです。



ATV LIVE CAMの生中継システムに対応しているフリーのエンコーダソフト
Microsoft社製 「Windows Media エンコーダ 9シリーズ」(ダウンロード
テレビ中継時の動作イメージ


ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.