ATV WEB TOP >>ATV広報 >> 生中継管制センター >> 生中継の管制とは ARSC | NEWS | 防災 | 生テレビ | 情報アンテナ | ガイド&ヘルプ
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
■ 更新状況・履歴一覧 検索結果比較・サーチエンジン選択・検証

生中継管制センター メニュー
■ 管制センター スタート
■ ATVの生中継とは
■ リアルタイム技術の応用
■ ユニバーサルな配信
■ ストリーミングを動画にする
■ チャンネルについて
■ チャンネルの割当
■ 生中継の管制とは
■ PC発エンコーダ送信生中継
■ 番組放送形態と必要機材
■ なぜ生中継?
■ 生中継全体図・概略図

関係者のみ入れます
■ ATV LIVE CAM
  生中継管制センター フロア
■ ARSC フロント

1995-
ATV Asahi Television
AITEC-U
サイト内の移動
■ ATV WEB TOP
■ ATV広報インフォメーション
■ ATV調査取材支援センター
■ テレビヘルプ
■ ATV LIVE CAM
TV1 asahitelevision.com
TV2 asahi-tv.ddo.jp

6月2日は開港記念日
横浜開港150周年web
2009年6月2日


◇ 生中継の管制とは


随時リアルタイムに送出者をどのチャンネルを割り当てるか、つまり「交通整理」をおこなうことが生中継の管制です。

身近な例でたとえれば飛行場の着陸管制に似ています。次々と来る航空機の着陸要請に対し、滑走路を指定して順番に降ろす。
つまり
着陸機=生中継の送出者
滑走路=割当てたチャンネル
と言う関係になります。

広報や連絡など情報発信が必要なときだけ中継にのる「適宜割当」なら、送信者は常に放送し続ける必要がなくなります。

ご自分で生テレビを所有して独自に放送する場合、常時放送するだけのネタがあれば良いですが、情報のある時だけの中継では間が持ちません。
消費者(視聴者)はいつ中継があるかわからないため、肝心の情報を見逃すことになります。

共有チャンネルの適宜割当ならこの問題も解消できますし、なによりつい見てしまった効果も期待できます。

経済がしっかりしてくれなければ日本の将来困ります。
いくら良い行い、商品、サービスがあっても知られなければ展望も開けず先に進みません。
経済の活性化にむけて最大限協力します。


ねこカメラのような半固定運用なら割当を頻繁に変える必要はないのですが、個人発信や商用などの一般情報を扱う場合はチャンネルに割り当てた方が望ましいからです。

視聴者にとっては決まったチャンネルがある方がアクセスしやすいのは当然です。(リンクやお気に入りからアクセスできるので)
URLを探す手間もありません。
独自のサイトで放送するとしたらサイトの宣伝を一から始めなくてはなりませんが、既存の周知済みチャンネルを利用すれば、周知時間を大幅に短縮できるメリットもあります。、
独自サイトの場合、検索サイトの結果表示で必ず上位表示となる保証はありません。
検索結果に関してはSEO情報をご参照ください。

チャンネル共有はコストを低く抑えられ有利です。ご自分で全部やったら大変な出費となるでしょう。
一般の「ライブカメラ」や「テレビ会議」のイメージで考えられているとしたらとんでもないです。
放送配信には維持管理など専門の知識とノウハウが必要ですから。
費用と労力を考えたら、「生中継放送に必要なときだけ便乗する」というのがベターでしょうし長続きの秘訣です。



例えば会社の商品を宣伝販売する通販的な中継をするとします。
ねこカメラのようにチャンネルに対し半固定とすると常時生放送し続ける必要がでてきます。これはチャンネル占有なので当然費用もかかりますし、生中継に出演する担当社員を決めたりなど放送に関わる人材面でも大変でしょう。
仮にATVに丸投げだとアナウンサーやタレントに頼んだり、スタジオを使用したりなどもっと費用がかかります。
知ってもらうと言うことは何よりも重要です。
だから視聴者の信頼と満足のためにはやり続けなければなりませんが、費用と効果も考えねばなりません。

しかし、それが送出者(つまり貴社)の信用につながるわけですから。
今の世の中、所得減や人口減が確定です。
限りあるお金ですから信頼関係が購買につながる重要なファクターとなります。
だから「ATVに便乗」がいろいろとおいしいわけです。
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )
ATVあさひテレビジョン WEB TR2 ( ATV Asahi Television )  http://asahitelevision.com/
 http://asahi-tv.ddo.jp/
ATV Media center , Yokohama Kanagawa , JAPAN
Copyright(C)ATV. ATV Asahi Television , AllrightsReserved.